エレメント(オイルフィルター)交換のすべて、教えます!

カーライフを賢く楽しむ クルマの故障・修理・整備

エンジンオイルとともに、エンジンを守る大切なパーツのひとつであるオイルエレメント。オイルエレメントにはどんな役割があり、どのくらいの頻度で交換すればいいのか。筆者の体験談も交えて解説します。

まずはエンジンオイルの役割を知っておこう

愛車のメンテナンスの「いの一番」といえるのがエンジンオイルの交換です。そんなオイル交換のときに「オイルエレメントの交換はどうしますか?」と整備工場の人に尋ねられたことがあるでしょう。

オイルエレメントは、オイルフィルターとも呼ばれているエンジンに装着されるパーツのひとつ。その役割は、エンジン内を循環するエンジンオイル内の汚れや異物を濾過することとなります。

オイルエレメントについて詳しく知っていただくには、まずエンジンオイルの役割を知っておいたほうがいいでしょう。エンジンオイルは清浄、防錆、冷却、潤滑、密封の5つの役割を果たしています。オイルというと潤滑のイメージが強いですが、オイルエレメントに最も関連するのは清浄。エンジン内をクリーニングするのも重要な役割のひとつとなります。

オイルを汚すのはカーボンやスラッジといわれています。カーボンは燃焼時に発生する燃えカス。スラッジは汚泥を意味し、エンジンの場合であれば、オイルの汚れがエンジンに堆積したものを示します。

オイルエレメントは汚れたエンジンオイルの濾過装置

オイルの汚れは、前述したカーボンのほか、空気中のチリや劣化したオイルそのもの、場合によっては、エンジン内部の摺動(しゅうどう)部(例えばシリンダーとピストンリング、クランクシャフト軸とクランクメタルなど、部品同士がこすれながら滑って動く部分のこと)から発生する微細な金属粉などとなります。

エンジン内を洗浄してくれるオイルですから、エンジンを使えば使うほど、当然ながら汚れていきます。

汚れたままのオイルでは、洗浄効果も低くなってしまいますし、何より潤滑を行う際に、摺動部に傷が付くなど、エンジンにダメージを与えてしまうことにもなります。そこでオイル汚れを取り除くための濾過装置として、オイルエレメントが装着されるというわけです。

オイルエレメントの交換時期は?

オイルの汚れを濾過するオイルエレメントですから、当然フィルターには汚れが溜まっていきます。そのため、定期的に交換する必要があります。

昔からオイルエレメントの交換サイクルは、オイル交換2回に1度というのが最も一般的です。これはエンジンオイルの交換サイクルが、普通のエンジン(自然吸気ガソリンエンジン)であれば5000kmもしくは半年、ターボなどの高性能エンジンであれば3000kmもしくは3ヵ月~半年で交換というオイル交換サイクルを前提としたものとなります。

このエンジンオイルの交換サイクルは、自動車メーカーがかつて推奨していたもので、現在でも広く一般的にオイル交換の目安として定着しています。

しかし昨今のクルマのオイル交換サイクルはかなり長くなっています。自然吸気ガソリンエンジンを搭載する車種であれば、最長1万5000kmもしくは1年がメーカー推奨のオイル交換時期(ターボエンジン搭載車は5000kmを交換時期としているメーカーが多いようです)。

エンジンの精度や制御が飛躍的に向上したことや、環境対策(カーボンニュートラル)の観点から、メーカーはエンジンオイル交換のスパンを長くしているようです。正確な交換推奨時期は、メーカーや車種により設定が異なるので、愛車の取扱説明書をご確認いただくことをおすすめします。

このようにオイル交換推奨時期が圧倒的に延びた車種のオイルエレメント交換時期は、これまでどおり2回に1回でいいのでしょうか?答えは「NO」となります。

オイルエレメントもメーカーごとに交換推奨時期は異なりますが、例えばトヨタであれば、自然吸気のガソリンエンジンなら1万5000kmを交換時期としています。

ということは、自然吸気ガソリンエンジンであれば、1年以内に1万5000km走行した場合、オイルとオイルエレメントを同時に交換する必要があるわけです。ターボエンジンに関しては、オイル交換時期が5000kmと自然吸気ガソリンエンジンと比べると短いため、オイルエレメントはオイル交換2回に1度交換することが推奨されています。

オイルエレメントを交換しないとどうなる?

オイルエレメントを交換しないままでいるとどうなるのでしょうか?エレメントのフィルターにオイルの汚れがどんどんと溜まっていくのは想像ができるはずです。身近なところでいえば、掃除機のフィルター内にゴミがいっぱいになっているのと似ていると思われます。ゴミが詰まった掃除機は吸引力が低下してしまい、掃除の効率も目に見えて悪くなりますよね?

オイルエレメントの場合であればフィルターが汚れて詰まっているので、通り道が著しく狭くなったのと同じ。つまりフィルターをオイルが通過する際の抵抗がとても大きくなってしまうのです。

オイルエレメントにオイルを圧送するオイルポンプは、エンジンの力を使って駆動しているので、フィルター通過時の抵抗が増えれば当然エンジンの力をより多く使わなくてはならなくなります。

オイルポンプの駆動力でエンジンパワーがロスすれば、加速などの動力性能が落ちるとともに、当然ながら燃費も悪くなってしまいます。

筆者の愛車もオイルエレメントを交換せず燃費が大幅に悪化

実際に筆者は、3万km以上オイルエレメントを交換しないままでいたことがあります。交換前は燃費が著しく悪化していたのですが、交換後は急激に回復し、オイルエレメントの汚れが燃費に影響を及ぼすことを実感させられました。

筆者が乗っている車両は古いホンダの軽ワンボックス車で、オイル交換とオイルエレメントの交換をしっかりと行っていたときの燃費は13~14km/Lでした。しかし過走行だったためかオイル消費が激しく、1000kmで1Lものオイルが減るエンジンでした。

そんなエンジンだったので、オイルを継ぎ足しながら乗っていたのです。「1000kmごとに1/3のオイルが新しくなるから……」とオイル交換も定期的に行わず、さらにオイルエレメントはまったく交換しないまま3万km超。その末期の燃費は、平均が10km/L台にまで落ち込み、ワーストは軽自動車とは思えない9.12km/Lを記録しました。

ちなみにエアコンを使用する夏は燃費が悪くなっていましたが、上記の平均10km/L台を記録したのは真冬といえる2月です。

「もしや交換していないオイルエレメントが原因?」とエレメント交換してみると、交換直後から燃費が12km/L台に回復したのです。しかし、それ以前の平均燃費となる13~14km/Lには戻りませんでした。これは恐らく汚れたままのオイルがエンジン内を循環することで、ダメージを与えたのが原因と思われます。

オイルエレメントにはフィルターが詰まることでオイルポンプとオイルエレメント間の油圧が高くなりすぎた際のエマージェンシーとして、リリーフバルブ機構が備わっています。

リリーフバルブを通過したオイルは、フィルターで濾過されていないオイルとなります。つまり汚れたままのオイル。そんなオイルが循環するわけですから、エンジンにダメージが出ても不思議ではありません。

「カープレミアガレージ」とは

「カープレミアガレージ」では、国家資格を持った整備士が点検に対応するため、クルマに関する疑問点や不安点は何でもご相談いただけます。また、定期点検などのサービスも行っているため、長期的なクルマの管理も安心して任せることができます。

また、カープレミアでは「カープレミアパーツ」としてリビルト・中古部品を推奨しており、自社グループ会社においても、リユースの生産から販売まで自社工場を有し低価格の実現を進めています。

「カープレミアパーツ」とは?

カープレミアのグループ会社が提供する自動車パーツです。整備・修理の際に、主に「中古・リビルト部品」といった「リサイクル・リユース部品」などの低価格で安心のパーツを提供しています。

中古・リビルト部品って何?

中古部品(リユース)は、使用済み自動車等から取外され、テスターによる点検、清掃などを行い商品化された部品です。リビルト部品は、中古車(コア)を分解洗浄、消耗品交換や故障個所の交換を行い、性能をほぼ新品同等に回復させた部品です。

リビルト部品をオススメする理由

1.新品部品を利用するよりもコストパフォーマンスが良い事
2.リサイクル、リユースといった資源の有効活用に繋がること。
3.品質基準をクリアした部品で安心して使用できること。

中古・リビルト部品のメリット

新品部品と比較して部品にもよりますが、20%~30%ほど部品代金が抑えられるケースがあります。

その他、万が一の故障時に0円で修理対応する故障保証や、24時間365日対応可能なロードサービスなどのサポートも充実しています。安心・快適なカーライフは、「カープレミアガレージ」にお任せください。

※故障保証の利用は車両購入時に別途加入が必要です

【まとめ】オイルエレメントはメーカー推奨時期よりも短いスパンでの交換が賢明

今紹介したのは極端な例となりますが、汚れたままのオイルエレメントは確実にエンジンのパワーロスを招き、燃費も悪化させます。メーカー推奨の交換時期よりも短いスパンで交換するのが賢明でしょう。

エンジンオイルとオイルエレメントを正しくメンテナンスし、快適なカーライフを楽しんでください。

関連記事

カテゴリ週間ランキング