女性に人気のスズキの軽自動車6選【新車&中古車】2022年版

クルマを賢く買う クルマの購入ノウハウ

軽自動車は税金や任意保険などの維持費が安く、燃費も優れており、さらに背の高いワゴンタイプ、ハイトワゴンやスーパーハイトワゴンなら大人でも余裕を持って乗ることができます。もちろん、コンパクトなサイズが運転がしやすいということもあるでしょう。そのため昔のように「お金がないから仕方なく」ではなく、「あえて軽自動車を選ぶ」という人が増えているのです。

そんな軽自動車は女性人気も高いのが特徴。特に、女性に人気の車種を多くラインナップしているのがスズキです。軽自動車という規格の中で作られているため室内の広さでは他社の軽と大きな差はないはずですが、なぜスズキの軽自動車は女性に人気が高いのでしょうか? 今回は具体的な車種を挙げて、女性人気の秘密を探ってみようと思います。

【新車】女性に人気のスズキの軽自動車

①スズキ ワゴンRスマイル

ワゴンRスマイル(以下スマイル)は2021年9月に発売された新型車で、スズキの軽自動車の代表モデルといえるワゴンRの派生車種です。その最大の特徴は、狭い場所でも乗り降りがしやすいリア両側スライドドアを採用したことです。

スマイルのベースとなったのが、ハイトワゴンのワゴンRやスーパーハイトワゴンのスペーシア。全高はワゴンRの1,650mmとスペーシアの1,800mmの中間となる1,695mmで、スペーシアよりもワゴンRに近く、背が高すぎないためパーソナル感が高いといえます。デザインは角を丸めたユニセックスなもので、室内も明るくカジュアル。「いかにも女性向けというクルマは好きではない」という、今どきの女性にも好まれるデザインといえるでしょう。

燃費性能はワゴンRの23〜25.2km/Lに対し22.5〜25.1km/Lを達成。エンジンは自然吸気のみのラインナップですが、中上級グレードにはアイドリングストップからのエンジン始動性に優れ燃費性能もいいマイルドハイブリッドを用意しています。

②スズキ スペーシア

2017年12月に発売された2代目スペーシアはワゴンRスマイルよりも100mm以上背の高いスーパーハイトワゴンで、こちらも両側スライドドアを採用しています。

人気の理由はライバルとは異なるテイストの、雑貨のような内外装デザインです。また、見た目だけでなく後席に小さな子供を乗せやすい工夫があることも理由でしょう。1,410mmの室内高を持つため、小柄な女性なら少しかがむだけで、小さな子供は立ったまま乗り降りできます。後席のスライドやワンタッチダブルフォールディング機構はスマイルと同じで、後席を倒せば室内高を生かして自転車なども積むことも可能など、よりファミリーユースに適しているといえます。

子供の送迎や買い物といった日常使いで広い室内が役に立つスペーシアですが、当然ながらその広さはレジャーにもピッタリ。アウトドアテイストを高めたスペーシアギアや、大きなフロントグリルで質感をアップさせたカスタムもラインアップており、プレーンな標準モデルと合わせ、3種類のデザインから選べるのもスペーシアの特徴です。

エンジンは、標準モデルは自然吸気のみ、ギアとカスタムは自然吸気とターボが用意され、全車がマイルドハイブリッドとなります。

③スズキ ハスラー

2019年12月デビューの2代目ハスラーは、大ヒットした先代をブラッシュアップして登場。エクステリアデザインは丸目のヘッドライトなど先代を踏襲したものですが、走りや使い勝手などあらゆる面で進化を果たし、こちらも人気の高いモデルとなっています。

乗用車とSUVのクロスオーバーがハスラーのコンセプト。軽ハイトワゴンと変わらない操縦性ながら、180mmという高めの最低地上高を持つのでキャンプなどにも適しています。高性能な4WDを搭載するのもハスラーの特徴です。

エンジンは自然吸気とターボを用意し、全車マイルドハイブリッドとなります。燃費は22.6〜25km/Lで、自然吸気モデルならワゴンRスマイルに匹敵するほど。一方ターボは、家族4人でのロングドライブも余裕でこなす実力を持ちます。街乗りでの使い勝手も抜群なので、特に個性的な軽自動車が欲しいという女性ユーザー人気が高いモデルとなっています。

【中古車】女性に人気のスズキの軽自動車

スズキ ハスラー(初代)
2014〜2019年式 相場価格:50万〜200万円

2014年にデビューした初代ハスラーは、ハイトワゴンとSUVのクロスオーバーモデルとして開発されました。つまり、ワゴンRなどと同等の居住性を持ちながら、キャンプ場やスキー場などラフな路面へも安心して入って行くことができます。

立てられたフロントウィンドウ、水平基調のウェストラインやルーフを持つ四角く個性的なスタイリングも特徴です。

丸目のヘッドライトがかわいらしさを、ブラックのバンパーやフェンダー、大きなタイヤが力強さを感じさせるなど、それまでにないジャンルの1台として多くのユーザーを獲得するに至りました。アクティブなイメージなのに使い勝手も犠牲にしていないことから、女性ユーザーからの支持も高かったモデルです。

エンジンは自然吸気とターボ、駆動方式はFFと4WDを用意。2015年5月の改良で自然吸気エンジン、12月の改良でターボ車にマイルドハイブリッド機構を搭載しました。発売期間を通して大きな改良はこの2回のみですが、改良以降のモデルは燃費性能が高められているので、中古車として購入するのは2015年以降のモデルがおすすめです。

②スズキ アルト ラパン(3代目)
2015〜2022年式 相場価格:40万〜180万円

軽セダンのアルトをベースにカジュアルに仕上げ、特に女性から高い人気を博しているのがアルト ラパン(以下ラパン)です。2015年に発売された3代目となる現行型は登場からすでに7年が経過し、中古車でも十分に狙える車種となっています。

最大の特徴は、実用車であるアルトとはまったく違う内外装です。外観は丸みを帯びた箱形デザインで、ハスラーやワゴンRスマイルに通じるカジュアルなもの。「わたしの部屋」をデザインコンセプトとした内装も同様で、角を丸めたやわらかさを感じさせる造形と、白木目調パネルや明るいベージュのカラーを採用しています。

エンジンは自然吸気のみで、JC08モード燃費で最高35.6km/Lというハイブリッド車をしのぐ燃費を達成(改良後モデルのWLTCモード燃費はFF車で26.2km/L)。2018年には特別仕様車としてシックな内外装を持つ「モード」を追加しました。初期モデルでも追突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能などは標準装備でしたが、2019年6月の改良では後退時の追突被害軽減ブレーキも標準化するなど、安全装備を充実させています。

③スズキ アルト(8代目)
2014〜2021年式 相場価格:20万〜120万円

アルトは、初代の発売が1979年という長い伝統を持つ軽セダンです。2014年登場の8代目は、新開発プラットフォームを採用し従来型比で60kgもの軽量化を果たすなど大変革を果たした1台で、低価格ながら高い実用性を持つのが特徴といえます。この8代目モデルは欧州車のような個性的な外観で他の軽自動車とは一味違う雰囲気があるのも魅力です。

発売時の最高燃費はJC08モード燃費で37km/L(最終型のWLTCモード燃費は最高25.8km/L)を達成。シートは前席がヘッドレスト一体型、後席は背もたれが左右一体式となるなど装備は若干簡素ですが、新車価格は最終型でもFF車の最上級グレードで109万7,800円と手ごろ。初期モデルでも追突被害軽減ブレーキと誤発進抑制機能は用意され、2018年12月の改良では後退時ブレーキサポートや車線逸脱警報など装備を充実させました。

なお、2015年3月にはスポーツグレードであるターボRS、12月には専用チューニングを施したワークスを追加設定していますが、個性的なデザインや、軽自動車らしい高い実用性、優れた経済性で選ぶなら、自然吸気エンジンを搭載する標準グレードがおすすめです。

「カープレミア」で愛車を探そう!

「カープレミア」は提携している全国の中古車販売店から自分に合ったクルマを見つけることができるサイトです。車種やメーカーだけでなく、月々の予算からも探すことができます。

「カープレミアディーラー」は厳選された優良販売店

カープレミアに掲載の中古車販売店は、東証プライム上場のプレミアグループが提携している全国の厳選された優良な販売店です。

オートローンやカーリースのファイナンスサービスの提供を始め、買った後も安心できるアフター保証も取り揃えています。支払いや維持費が心配でも、柔軟に対応してくれるので安心して車を購入できます。

「カープレミアクレジット」なら自分に合った支払いプランが選べる

「カープレミア」のオートクレジットは、新車・中古車問わず、分割払い、ボーナス併用払いや一部繰上返済などの豊富な支払いプランを用意しています。さらに故障保証に加入すれば無料で修理対応が可能です。

「故障保証」など充実したアフターサービスで安心のカーライフを

「カープレミア」は購入後のカーライフを支えるサービスも多数提供しています。例えば「カープレミアの故障保証」では最長10年間、最大約400ヵ所の自然故障を修理費0円で対応可能です。様々なプランの中から自分好みにカスタマイズできるため、余分な保証費用がかからず、必要最低限の支出で万が一に備えることができます。

また、365日24時間対応のロードサービスも利用可能で、全国9,500ヵ所の拠点からすぐに駆けつけることができます。そのほか、総合的なサポート体制を整えており、安心のカーライフをお過ごしいただけます。

▼カープレミアなら月々の支払額でクルマを探せる▼
カープレミアで「スズキの軽自動車」を探す

なぜスズキの軽自動車は女性に人気があるのか?

スズキの軽自動車全般にいえる特徴は、「背伸びをしていない」こと。質感を追求するのではなく、デザイン性の高さで勝負しているのです。そのため、ハスラーやスペーシアギアなど高級車にはできない個性的なデザインが多く、同じ全長と全幅の中で新しさを感じさせるモデルを次々と提案してくれます。

厳しいコスト管理の中で無理な高級感を持たせるのではなく、素材の質感を活かしカジュアルに仕上げる。過度な上級志向はむしろ偽物感や安っぽさを感じることがありますが、スズキの軽自動車からはそうしたものはあまり感じられません。

男性ならば、クルマの車格をステータスのひとつと考えることもありますが、無理な背伸びをしない最近の女性ユーザーにとって、等身大のクルマを多くラインナップすることがスズキの軽自動車の人気の理由といえるのではないでしょうか。

カープレミアなら月々の支払額でクルマを探せる

※この記事は、2022年9月現在の情報に基づいています。

関連記事

カテゴリ週間ランキング