C-HR(トヨタ)のクルマ

総合評価
4.4
平均価格 215.3 万円(税込)
価格帯 131.4 ~ 308.9万円(税込)
49件 (1件〜20件表示)
並び替え

トヨタ C-HR について

車種の特徴

「C-HR」は、ヨーロッパで先行販売されたのち、2016年12月に日本で販売を開始したトヨタ社のコンパクトカーです。車名である「C-HR」には、「Compact High Rider」と「Cross Hatch Run-about」という2つの由来があります。「コンパクトでリフトアップされた格好いいスタイル」と、「ハッチバックのようにキビキビと気持ちよく走るクロスオーバー」という意味です。また「C-HR」は、東北の復興を支えるコンパクトカーの一つとしてトヨタ自動車東日本の岩手工場で誕生しました。トヨタ自動車の海外事業体と連携して最高品質の性能の実現に尽力した結果、AQUAやSIENTAに次ぎ、東北・岩手の復興に向けた大きな後押しとなったSUVです。グレードとしては、2WD仕様がガソリン車、ハイブリッド車、特別仕様車の3種類、4WD仕様がガソリン車と特別仕様車の2種類を展開しています。さらに、ガゾリン車とハイブリッド車にはそれぞれGRスポーツタイプが存在し、エンブレムとシルバーステッチが付いた専用スポーティシートを標準設定しています。特別仕様車は、上級ファブリックに本革と専用ステッチを携えた専用シートが特徴です。ボディカラーに関しては、「プラチナホワイトパールマイカ」や「メタルストリームメタリック」など多くのラインナップがあり、「ブラック×プラチナホワイトパールマイカ」のようなツートーンカラーも3種類用意されています。また、先進の予防安全パッケージである「Toyota Safety Sense」を搭載しているのも魅力です。交差点でのぶつかり検知にも対応した「プリクラッシュセーフティ」や、アクセルの踏み間違いなどに対応する「パーキングサポートブレーキ」などの安全性能が豊富に備わっています。
※記載の文章は、2021年11月時点の情報です。

車名の由来

「C-HR」という名前は、「Compact High Rider」と「Cross Hatch Run-about」という2つの言葉の頭文字から付けられています。「Compact High Rider」は、日本語に訳すと「コンパクトでリフトアップされたプロポーション」という意味で、外装・内装ともに細部まで追及されたデザイン性の高さを表しています。洗練されたフォルムだけでなく、リヤドアに溶け込んだドアハンドルや立体感のあるヘッドランプなど、細かい部分に行き渡るこだわりのデザインが所以です。もう一つの由来である「Cross Hatch Run-about」は、「ハッチバックのような気持ちの良い走り」を指した言葉です。コンパクトボデーの中の限られたスペースに剛性部材を通すことで、欧州の競合車をも上回るボデー剛性を達成しています。また、大型で風を通す形状に工夫されたリヤスポイラーにより、意のままに走る気持ちよさを実感できる作りになっています。「C-HR」のネーミングには、「格好いいデザインと気持ちのいい走り」を追求した製作チームの思いが込められているのです。

モデル概要、その魅力は?

遠目でも「C-HR」とわかる個性的な外観デザインと、高いホールド性や仕立てのよさにこだわったインテリアデザインが魅力です。コンパクトカーながらもフロントなどのリヤ部分をよりワイドに設計し、モダンで知的なイメージを持たせたSUV。欧州テイストでクールに仕上がったメーターを含め、遊び心や上質感を両立した車内は、乗るたびにドライバーの空間を楽しく心地良く演出します。また、ダウンサイジングターボエンジンを搭載したことにより、爽快な走りと高い燃費性能を実現しているのも特徴の一つです。発進した瞬間のアクセル操作に車が素直に反応し走行するフィーリングを追求したことで、気持ち良いシームレスな加速を感じることができます。

(C)Premium Group Co., Ltd.

現在、1のお客様が
このページを閲覧しています