ヴェルファイア(トヨタ)のクルマ

総合評価
4.2
平均価格 201.4 万円(税込)
価格帯 52.9 ~ 1,068.0万円(税込)
531件 (1件〜20件表示)
並び替え

トヨタ ヴェルファイア について

車種の特徴

「ヴェルファイア」は、2008年5月12日に「その高級車は、強い。」をキャッチコピーとして初代モデルが発売されたトヨタのミニバンです。アルファードのフルモデルチェンジを行う際に、従来のアルファードVに代わる姉妹車の設定でネッツ店用の新モデルとして発売されました。初代「ヴェルファイア」は、機構的にはアルファードと同一ですが、よりアグレッシヴに仕上げたデザインが特徴です。3列配置のシートには7人乗りと8人乗りがあり、エンジンには直列4気筒2.4リッターの2AZ-FEと、3.5リッターV6の2GR-FEの2種類が使用されています。2AZ-FEにはCVT、2GR-FEには6段ATを組み合わせています。また、「ヴェルファイア」は2011年8月にハイブリッドモデルが追加されている車種です。初代「ヴェルファイア ハイブリット」のデザインは、フロントのグリル・バンパーやバックランプ、リヤガーニッシュを意匠変更することにより、さらに力強い外観を追求しました。ライトブルーメタリックをはじめとする外板の新色も設定されています。内装の高級感を高めたのは、シート表皮や木目色の変更、スピードメーターの意匠です。ミニバンに求められる機能性や乗り心地はもちろんのこと、「その高級車は、強い。」というキャッチコピーの通り、発売当初から「高級感」を兼ね備え進化し続ける車種となっています。
※記事の文章は、2021年11月時点の情報です。

車名の由来

「ヴェルファイア」は、英単語である「Velvet(物静かな)」・「Fire(情熱)」を組み合わせた造語です。由来である「クールな情熱を持つ車」と、キャッチコピーである「その高級車は、強い。」をテーマに、現在でも人気を誇る高級ミニバンとしてさらなる進化を遂げています。

最新モデルの魅力

見る者を圧倒するスタイリングとして、「ダイナミックさ」と「クールさ」にこだわった仕上がりになっています。外観であるエクステリアデザインは、フロントを中心に進化を遂げています。ヘッドランプの大型化やエアロボディのダイナミックさ、スタンダードボディのクールでモダンなテイストが魅力です。内装となるインテリアデザインでは、「乗るたびに、虜になるような室内空間」として、質感や快適性を極めています。全グレードに共通して、木目調の加飾を一新し、シート表皮の質感の向上により高級感に満ちた空間が実現しています。座席となるリラックスキャプテンシートの特徴は、最大830mmにもおよぶ超ロングスライドです。脚を伸ばしゆったりとくつろげる広い空間が生まれ、無段階調節可能な回転式のアームレストやマニュアルオットマンなどにより、リビングのようなリラックス空間を演出しています。また、安全性能も充実しており、搭載されているレーントレーシングアシストでは、車線の中央を走行するようステアリング操作のサポートが可能です。プリクラッシュセーフティでは、昼間の自転車や夜間の歩行者を検知し、衝突の可能性がある場合には警報を発することで回避操作を促します。パーキングサポートブレーキ機能では、踏み間違えを防ぐため超音波センサーで周辺監視が可能です。衝突回避や衝突被害の軽減を実現するサポートシステムで、障害物の接近をブザーと表示で知らせるとともに、ブレーキの制御を行います。低速から始まる力強い加速、卓越した低燃費を両立しているのは、熱効率の高いエンジンと優れたトルクです。環境性能や走行の心地よさを両立するため、排出ガスの少なさにもこだわりを持っています。走行性能では、振動や騒音を抑えるための構造や吸遮音材の最適配置、高遮音性ガラスの採用などにより、高級車らしい静粛性の高さを実現しています。さらに、マイカーサーチとして防犯機能も充実しており、ドアのこじ開けで起こるオートアラーム作動が検知された場合に、メールや電話による通知や車両の位置追跡が可能です。走行中の安全に限らず、車から離れる際にも安心できるサポートが満載の車種です。

(C)Premium Group Co., Ltd.