GT-R(ニッサン)の中古車

総合評価
5.0
平均価格 1,134.2 万円(税込)
価格帯 784.5 ~ 1,475.3万円(税込)
14件 (1件〜14件表示)
並び替え

ニッサン GT-R について

車種の特徴

「GT-R」は、日産の歴史を彩り人気を博した、1957年誕生のスカイラインから派生したスーパーカーです。1969年に登場した3代目スカイラインの特別モデル、スカイラインGT-Rの後継車であり、2007年のデビュー以来GT-Rは究極の走りを追求して進化し続けています。デビュー当時は、ポルシェやフェラーリといった世界の名だたるスーパーカーが高い評価を得ていたため、高性能のクルマの価格は高いというのが常識でした。しかし、初代GT-Rは、ポルシェ911に勝るとも劣らない走行性能や加速度などがありながら、常識を覆すコストダウンを実現させたのです。実際にポルシェ911の半値以下で購入できるという、世界のスーパーカーファンの度肝を抜く価格設定でした。それは「誰でも、どんな時でも、どこでも、最高のスーパーカーの走りを楽しんでほしい」という開発者たちの情熱を象徴しています。そんなGT-Rの最大の魅力は、スピードです。その速さに関しては、全日本GT選手権や全日本ツーリングカー選手権で勝ち取ってきた輝かしいタイトルや戦績の数々が証明しています。もちろん現行モデルも、レーシングカーとして活躍してきた先代のDNAを引き継ぎ、本格4WDによって、パワフルでエネルギッシュな走りを可能にしています。※記載の文章は、2021年11月時点の情報です。

車名の由来

GT-Rの「GT」は、Grand Touringの略で、高速で遠乗りを楽しむという意味があります。「R」は、数々のレースで活躍したことで知られている、日本で初めてのプロトタイプ・スポーツカーの「R380」をリスペクトして付けられました。「R」はRace(レース)の頭文字でもあります。

限定車情報と現行モデルの魅力

ファンの間では「R35」という呼び名でも親しまれているGT-Rですが、実は2007年のデビューから1度もモデルチェンジを行っていません。そんな中でも、改良や進化を重ね、幾度となく限定モデルを発売してきました。2021年には、2022年モデルと特別仕様車である「GT-R Premium edition T-spec」「GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec」の販売が発表されました。しかし、「T-spec」は両モデルが合計で100台限定だったため、事前予約に注文が殺到し、正式発表時点ではすでに販売終了という事態になりました。GT-Rの特別仕様車を手に入れたい方にとって、今後の限定モデル開発に目が離せません。販売中の現行モデルとしては、「GT-R Premium edition」「GT-R Black edition」「GT-R Pure edition」「GT-R Track edition engineered by NISMO」の4タイプを展開中です。ボディカラーは、特別塗装色の「ワンガンブルー」や「ブリリアントホワイトパール」をはじめとして人気カラーが豊富に揃っています。さらに、レイズ製のアルミ鍛造ホイールを採用し、タイヤとサスペンションの路面へのトレース能力を向上させることで、快適な乗り心地を実現しています。そして、目を惹くのが、電子制御バルブ付の存在感のあるFUJITSUBO製のマフラーです。チタン合金によって軽量化を実現し、職人の手作業で組み立て、溶接されたことで美しい仕上がりになっています。見た目のかっこよさだけでなく、スーパーカーならではのエキゾーストサウンドはドライバーを魅了すること間違いなしです。ボディに関しては、剛性を高めて前後のバランスを最適化させていることで、スーパースポーツカー特有の操縦の安定性と乗り心地の上質さ、本格SUVの駆動力をミドルクラスのボディ重量で実現させています。また、平成30年基準である排出ガス25%低減レベルを達成するなど、新しい時代に活躍するスーパースポーツカーという名にふさわしい環境への配慮もなされています。完璧を求めるモノづくりの匠による熟練の技と、最高の感性と感度から生み出すドライビングの匠が納得した走りを、サーキットや高速だけでなく日常の街中で楽しめるのもGT-Rの醍醐味です。世界中のクルマ好きが認める、まさしく日本屈指のスーパーカーといえるモデルです。

現在、2のお客様が
このページを閲覧しています