ミライース(ダイハツ)のクルマ

総合評価
4.1
平均価格 54.2 万円(税込)
価格帯 18.0 ~ 125.7万円(税込)
300件 (1件〜20件表示)
並び替え

ダイハツ ミライース について

車種の特徴

「ダイハツ」から発売されている「ミライース」は、2011年9月に「第3のエコカー」というコンセプトで、誕生した軽5ドアハッチバックモデルの軽自動車です。誰でも気軽に愛用でき、飽きのこない使いやすくシンプルな、パッケージデザインを採用しています。低コストエコロジー「e:Sテクノロジー(EnergySaving Technology)」はダイハツ独自の技術。この技術をふんだんに採用することで、ガソリン車としてトップレベルの省燃費性能を現実。さらに低価格も両立するなど、新しいジャンルを切り開いた軽自動車として発売早々から高い人気がありました。ハイブリッドカーのように、バッテリーや専用のモーターを使用せず先進のアイドリングストップ機構を取り入れています。また、ボディの軽量化やエンジンの圧縮比向上、トランスミッションの伝達効率などを技術的に見直し、低コストの軽自動車ならではの経済性に重点を置くパッケージングが特徴です。設計当時のコンセプトは「スマート・エコスタイル」で、滑らかな曲面を多用しシンプルかつモダンなフロントマスクを採用しています。若々しく長く愛されるようなボディデザインのモデルです。内装は体を優しく包み込むような肌触りのいいシートに、メタル調のパネルフェイシアや自発光式デジタルメーターなど、至るところに先進性を採用し、品がよく明るい開放的なデザインになっています。その他、使い勝手のいい豊富な収納スペースやオート格納式ドアミラー、UVカットガラスなど、実用性が高く機能的な装備を設定しています。大人が快適に乗れる室内空間も実現させ、シンプルかつ先進的なボディデザインに、低価格や優れた経済性などの点が高く評価されました。発売から2週後には、月間販売目標台数の約3.6倍、約25,000台を受注し、好評なセールスを誇る人気モデルです。最適な駆動力を伝える「電子制御制動力配分システム」や「SRSサイドエアバッグ」、先進の衝突回避支援システムの「エマージェンシーストップシグナル」、「スマートアシスト」が設定されるなど安全性の高さも特徴の1つです。
※記載の文章は、2010年10月時点の情報です。

車名の由来

「ミライース」という車名の由来は、シリーズ名の「ミラ」、そして「eco&smart」の頭文字を取って組み合わせた造語です。また、エコには「economy 経済性」と「ecology 人間と自然の調和や共存」の2つの意味が含まれています。人々の生活に密着し、環境に配慮したスマートな軽自動車として相応しいネーミングとなっており、シンプル&スマートなライフスタイルを求めるユーザーに向けた軽自動車であることを、その車種名からも表現しています。

最新モデル情報

最新モデルの「ミライース(e:S)」は、ECO(エコロジー・エコノミー)&SMARTをコンセプトに、4人が最適に乗れる広さや利便性、さらにデザイン性や安全性の高さなどを合わせ持っています。「あらゆる人の暮らしに身近で、使いやすく、地球にもやさしいクルマ。」という想いや技術を込めて誕生した、「新・みんなのエコカー」です。大胆に軽量化し、進化したイーステクノロジーを採用、加速のよさと低燃費を両立させました。前方のクルマだけでなく、歩行者にも反応してブレーキを働かせる機能、「スマートアシストIII」を採用しています。デザインはシャープで存在感のあるスタイルです。LEDヘッドランプは先進的なデザイン。心を満たしてくれるような質感の高い室内も魅力です。設計、調達、物流、生産など、さまざまな部門が一丸となり効率化に挑んだ結果、魅力を高めながら、さらに低価格での提供を実現させています。