Aクラス(メルセデス・ベンツ)のクルマ

平均価格 179.3 万円(税込)
価格帯 79.0 ~ 341.0万円(税込)
41件 (1件〜20件表示)
並び替え

メルセデス・ベンツ Aクラス について

車種の特徴

1997年に発売された「メルセデス・ベンツ Aクラス」は、メルセデス・ベンツの中で最も小型なモデルとして登場した車種です。メルセデス・ベンツは特徴によってランク付けがされており、Aから始まってB・C・E・S・Gまであります。Aクラスはその中でも一番車格が低い車とされています。高級車と思われがちなメルセデス・ベンツですが、Aクラスはお手頃な価格設定のため、庶民のためのベンツとして大きなインパクトを与え話題になった一台です。 Aクラスの中でも「A180」や「A200d」が代表的なモデルで、若い世代にも人気があります。初代のメルセデス・ベンツ Aクラスは、将来的に燃料電池や蓄電池を使用する電気自動車として開発されたため、サンドイッチ構造と呼ばれる二重のフロア構造を採用しており、全高が高めに設定されていました。そのため全長は3605mmと短いながらも車内は広々としており、衝突時でもクラッシャブルゾーンを確保できる、コンパクトカーの枠にとらわれない革新的なモデルです。2004年に登場した2代目は、フルモデルチェンジを行ったことで、初代よりも一回り大きくなりました。2012年に発売された3代目はサンドイッチ構造を排除し、「MFA1」プラットフォームを採用したモデルです。現行型となる4代目は「新しい時代に、新しい相棒。」をコンセプトに2018年に発売されました。その際エンジンは小さくなりましたが、高速道路や山岳路、郊外路でも走行性能に不満を抱くことはない、軽やかでスポーティな走りを実現しています。走行性能だけではなく、燃費性能や環境性能を向上させた一台です。エクステリアは、スポーティなフロントとワイド感が際立つリアエンドが特徴です。機能面では、スマートフォンのようにディスプレイ操作ができるタッチインターフェースや、鮮明な画像で安心をサポートするパーキングアシストリアビューカメラなどが搭載されています。また、キーを持っているだけで施錠・解除が可能なキーレスゴーや、運転席のすぐ前に浮かんで見えるように情報が映し出されるヘッドアップディスプレイ、シートヒーターなど快適なドライブをサポートする機能が満載です。ほかにも、歩行者や飛び出し検知機能が付いたアクティブブレーキアシストや緊急回避補助システム、渋滞時緊急ブレーキ機能などが搭載されています。メルセデス・ベンツの最高峰クラスであるSやCと同等の安全性能が付いているので安心です。インテリアでは、ツートンの本革を使ったラグジュアリーな空間を創造したAMGレザーエクスクルーシブパッケージを採用しています。メルセデス・ベンツ Aクラスは6つのグレードに分かれており、363万円〜798万円のモデルまで幅広く展開しています。
※記事の文章は、2021年11月時点の情報です。

車名の由来

「メルセデス」は、エミール・イェリネックの娘である「メルセデス・イェリネック」から由来しています。エミール・イェリネックとは、メルセデス・ベンツを製造し販売しているダイムラー社の経営者です。「ベンツ」は、メルセデス・ベンツの創業者である「カール・ベンツ」の名前から取って名付けられました。

最新モデル情報

メルセデス・ベンツ Aクラスをはじめとし、AクラスセダンやBクラス、CLAシューティングブレーク、CLA 、GLB、 GLAなどを一部改良して発売することが2021年に発表されました。一部のモデルのオプションだった、64色から選べるアンビエントライトが全モデルに標準装備されたり、ナビゲーション機能が多数のモデルに搭載されたりなど、コンパクトモデルの機能を拡充させています。また、決められたジェスチャーをすることでサーチライトや読書灯の点灯・消灯、お気に入り機能を呼び出すことができる「MBUXインテリアアシスタント」などがすべてのモデルのパッケージオプションとなりました。機能の拡充に伴って価格も改定されます。