プリウス(トヨタ)のクルマ

総合評価
4.1
平均価格 150.2 万円(税込)
価格帯 33.0 ~ 607.0万円(税込)
1057件 (1件〜20件表示)
並び替え

トヨタ プリウス について

車種の特徴

「プリウス」は、世界で初めての量産ハイブリッド乗用車として1997年10月に誕生して以来、トヨタで人気の車です。初代のプリウスは5ナンバーの車両サイズで、コンパクトなボディーのセダンタイプでした。それから何度かモデルチェンジを繰り返し、現在の新型は2018年から発売しているモデルとなっています。旧型との違いは、より親しみやすく知的で洗練された外内装のデザイン、そして安全面としては衝突回避支援パッケージである「Toyota Safety Sense」を標準装備している点などです。機能と装備に関しては、非常時に役立つコンセントをラゲージルームなどに設置しています。災害時など、電力が必要な時に車からの給電が可能です。ほかにも、前方から目を離さずにマルチインフォメーションディスプレイの表示切り替えやオーディオ操作ができるステアリングスイッチが搭載されています。走行性能に関しては、プリウスの代名詞である低燃費が魅力です。エンジン・ハイブリッドシステムの効率化、ボディーのフォルム、アルミホイール形状の工夫、グリルシャッターなどの採用によって低燃費を実現しています。また、無駄のないスムーズな制御と雪道の走行も安心なE-Four(電気式4WDシステム)のモデルもあります。安全性に関しては、急なアクセル時の加速を制御する「プラスサポート」(装備オプション)を始動できる、プラスサポート用スマートキーが用意されています。ほかにも、歩行者や自転車を検知した時に、衝突回避と被害軽減をサポートする「プリクラッシュセーフティ」を搭載。スペースや収納に関しては、ラゲージスペースの広さ・使いやすさも魅力です。2WD車では、ラゲージ容量は約502Lと十分なスペースが確保されています。収納スペースも、使い勝手の良いコンソールボックスやトレイが充実しています。選べるボディーカラーはグレードやモデルによって異なりますが、「ブルーメタリック」「スーパーホワイトⅡ」など8つの単色、そのほかにも数多くのカラーバリエーションがあります。なお、車両総重量は(2WD・E-Four含む)約1,595kg~1,735kgとなっています。
※記載の文章は、2021年11月時点の情報です。

車名の由来

PRIUS(プリウス)は、「~に先駆けて」という意味のラテン語です。ちなみに、プリウスをアルファベットで表記した「PRIUS」には一文字ずつ意味が込められており、Presence=存在、Radical=革命的、Ideal=理想、Unity=調和、Sophisticate=洗練。それぞれの頭文字を繋げてPRIUSとなります。

モデル概要、その魅力は?

プリウスの魅力は、快適なカーライフを送るためのさまざまな機能と充実の安全装備です。燃費性能はもちろんのこと、車内の細かな部分まで快適さを重視した機能が搭載されています。車内のアクセサリーコンセントは非常時に役立つだけでなく、携帯電話の充電や車で掃除機を使用する時のコンセントとしても便利です。また、「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」などには「ナノイー」機能が標準装備されています。髪や肌に優しい水分に包まれた弱酸性のナノイーが、運転席の右側のエアコン吹き出し口から放出されます。安全装備については、T-Connectサービスに契約すると、もしもの場合に役立つエアバッグ連動タイプの「ヘルプネット」が作動します。ヘルプネットとは、事故や急病、あおり運転などで困っている時に対応してくれる便利な機能です。状況に応じて、救急車両や警察などに通報を行ってくれます。また、プリウスは「A“ツーリングセレクション・Black Edition”」「S“ツーリングセレクション・Black Edition”」という特別仕様車2種も発売されています。特別で気品のあるブラックがコンセプトとなっており、外装はもちろんのこと、内装にも美しいブラックインテリアが採用されています。また、運転席と助手席には快適温熱シートが装備されており、寒い冬や冷房で冷える夏にも快適な座り心地が魅力です。

(C)Premium Group Co., Ltd.

現在、2のお客様が
このページを閲覧しています