GENERATIONS クルマのことならカープレミア

スズキ アルトのクルマ一覧

206件 (1件〜20件表示)
新着順

新車・中古車から探す

スズキ アルト について

車種の特徴

アルトは、1979年に発売した軽自動車で、販売累計台数500万台を超えるスズキの人気車種です。スズキの人気車種だったフロンテの姉妹車として開発されたアルト。「アルト47万円」というキャッチコピーとともに発売されました。当時の新車購入価格がおよそ60万円台。アルトはインパクトのあるテレビCMで価格の印象付けに成功し、リーズナブルな価格で大ヒット。販売当時はまだ消費税がなく、軽自動車は15%の物品税という税金がかけられていました。しかし、トラックやバンのような商用車では非課税であったため、スズキはここに目を付け、乗用車に限りなく近い商用車「軽ボンネットバン」としてアルトを売り出しました。後席のシートを簡素化し、貨物スペースとしても利用できるようにすることで物品税の免除に成功。節税とリーズナブルな価格を兼ね備えたアルトは、発売初月に18,000台を超える販売数を叩き出しました。徹底的にコストダウンを追求し、シンプルでかわいらしい見た目は女性向けやセカンドカーとしての需要もあり、幅広い人に使用される車となったのです。二代目のアルトは1984年に発売。フルフラットシートや、乗り降りがラクになる回転ドライバーズシートを採用するなど、女性をターゲティングしたモデルチェンジを行いました。その後もスポーティーな走りに特化したアルトワークスや、超低燃費で環境に配慮したアルトエコなどのシリーズも生み出しています。価格が安いだけでなく、性能にもこだわり、低燃費で走行性の良い車へとモデルチェンジを続けています。軽ボンネットバンブームの火付け役となったアルトは発売40周年を過ぎた今でも愛される車です。日本だけではなく、世界での販売数は1,000万台を超え、世界中で運転されています。

車名の由来

アルトは、イタリア語で「秀でた」「優れた」という意味の「alto」が由来となっています。発売会見では鈴木会長が「あると便利な車。それがアルト」と笑いながら言うシーンも見られました。

最新モデル情報

アルトの最新モデルは8代目。2014年の12月に発売されたアルトは、「原点回帰」というコンセプトで初代アルトを意識したモデルチェンジが行われています。走りやすさとリーズナブルな価格を継承した新型アルトは、ヘッドライトを囲む「めがねガーニッシュ」により、まるでメガネをかけているような個性的なビジュアルが印象的です。後ろはツートンカラーになっています。先代よりも車高が低く、丸みを帯びた形のボディも特徴です。
インテリアデザインは直線系でシンプル。室内は2,040mmの広さがあり、軽自動車とは思えないほどのゆったりとしたくつろげる空間が特徴です。車重は610kgと7代目より60~80kgの軽量化に成功しており、走りは快適。軽やかで爽快感のある走行性を実現しています。車体が軽いだけあって、リッター37kmと低燃費です。省エネの技術も向上しており、リチウムイオンバッテリーとオルタネーターを使用し、減速時にガソリンを使わずエンジンの負担も軽くなる「エネチャージ」や、アイドリングストップ中でも蓄冷剤によって涼しさを保つ「エコクール」を搭載し、環境にもやさしい車種となっています。安全性にも気を配り、ESPと呼ばれるタイヤの横滑りを防ぐ車両走行安定補助システムや、レーダーが車を検知して衝突被害を軽減するレーダーブレーキサポートも搭載。単独カメラとレーザーレーダーのデュアルセンサーで前方の車や歩行者をキャッチできるデュアルセンサーブレーキサポートなど、安心安全なセーフティーサポート付きです。低価格のうえ、高い走行性と安全性を兼ね備えた高い実用性が人気の車種です。

(C)Premium Group Co., Ltd.