エブリイワゴン(スズキ)の中古車

平均価格 118.2 万円(税込)
価格帯 23.9 ~ 313.9万円(税込)
149件 (1件〜20件表示)
並び替え

スズキ エブリイワゴン について

車種の特徴

「エブリィワゴン」は、ベースモデルとなった「エブリィ」が1999年にフルモデルチェンジした時に乗用車モデルとして誕生しました。後部シート周りのスペースが広く取られ、荷物量や乗員の体格などにも合わせることが可能となったため、エブリィより快適な居住性が実現されていることが特徴です。3代目となる現行型は2015年より登場。快適な居住スペースと広い荷室スペースを兼ね備えた、1ボックスタイプの軽自動車として長年ラインナップされています。室内長2,240mm、室内幅1,355mm、室内高1,420mmとすべてが軽キャブワゴン(1ボックス型軽自動車)ではトップクラス。小回りの利くサイズ感でありながら、ほぼ真四角ボディのため、軽自動車とは思わせないほどの広い室内空間を実現。全席独立仕様のため、自在なシートアレンジができ、用途に合わせたスペース活用が可能です。長尺の荷物に合わせたアレンジや、乗車人数や荷物量に柔軟性のある対応ができるため、積載量がかさみがちなアウトドア用品も難なく乗せることができます。さらに、使い勝手の良い収納スペースが標準で15か所も装備。ドリンクホルダーはもちろん、置き場所に困りがちな小物類をスッキリと収納させることができます。フロントシートはベンチシートでありながら、運転席、助手席とも独立しているので、乗り心地の良さを確保しながら、助手席からの乗り降りも簡単にできる仕様となっています。さらに標準仕様で乗降グリップ、乗降ステップが全席に設置されているので、乗り降りも楽です。
走行性能では全車ターボエンジン搭載。660cc冷水4サイクル直列3気筒インタークーラーターボエンジン(64馬力)搭載の「JPターボ」、「PZターボ」、「PZターボスペシャル」を設定し爽快な走りを実現しています。13.4km/L(2WD車)と低燃費であるところも魅力のひとつです。車体カラーは「シルキーシルバーメタリック」という明るいシルバー色を含む5色を展開。また、運転のしやすさにこだわった運転席のシートスライド量は230mm、高さ調整可能なステアリングで疲れにくい運転姿勢を保つことができます。ピラーやドアミラーの位置にもこだわり、歩行者や交通状況を把握しやすく、高い視界性能となっています。安全性能としては、軽キャブワゴンクラスでは初の衝突被害軽減ブレーキを含めた先進安全技術を全車標準装備。夜の歩行者も検知可能な「デュアルカメラブレーキサポート」や、バック時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を標準採用し、予防安全技術「スズキセーフティサポート」の機能が充実しています。
※記載の文章は、2021年10月時点の情報です。

車名の由来

エブリィ(EVERY)は「どこへでも」という意味から採用されています。積載性の高さとキビキビと軽快な走行性を兼ね備えた1ボックス車をイメージして名付けられました。名前の由来通り、どこへでも行けるエブリィワゴンは商用車としてはもちろんですが、登山やキャンプ、釣りといったアウトドアなどの趣味で活躍できるよう、アクセサリ部品が充実しています。例えば、キャンプで活躍するタープやバックドアネット、さらには釣りで使用するロッドホルダーやロードバイクなどの固定に便利なラッシングベルトまでラインナップ。また、車中泊を楽しみたい方向けに広い空間を活かした2段ベッドアクセサリーもあります。もともとは商用車として使われていたエブリィワゴンですが、現在は趣味を満喫するための車として多くの人に愛されています。

最新モデルで追加された機能とは

エブリィワゴンは2021年9月に一部仕様変更し、最新モデルが発売されています。停車時のアイドリングストップシステムが標準装備となったほか、USBソケットが2個追加、運転席側のシートヒーターも追加(2WD車)され、より利便性、快適性ともに向上しています。

現在、2のお客様が
このページを閲覧しています