キャスト(ダイハツ)のクルマ

総合評価
5.0
平均価格 81.9 万円(税込)
価格帯 30.0 ~ 151.5万円(税込)
138件 (1件〜20件表示)
並び替え

ダイハツ キャスト について

車種の特徴

ダイハツから発売されている「キャスト」は、2015年9月に登場したハイトワゴンの車種です。「キャスト」シリーズとして、コロンとした丸みを帯びたボディ形状でありながら、細部のデザインが異なる3種類が展開されました。販売当初の「キャスト」には、好みやスタイルにあわせて選ぶという魅力があり、3種類のデザインがありました。1つめ、クロスオーバーテイストなデザインを持ち合わせているのが「ACTIVA(アクティバ)」です。ボディの所々に施されたアクセサリーによりSUVのようなデザインとなっており、グリップサポート制御(4WD)を採用したことで悪路走破性の向上が期待されていました。2つめ、「SPORT(スポーツ)」は、専用エンブレムやボディ下部にあしらわれたピンストライプなどスポーティな装飾が特徴的です。パドルシフトによる7速マニュアルモードのため、走りを楽しみたい方に適したモデルでした。どちらも2020年3月に販売終了となっています。現在、継続して販売されているのが3つめの「STYLE(スタイル)」です。現在「キャスト」と言われる車種は「STYLE」モデルを指す場合がほとんどです。現行の「キャスト」は、レトロな雰囲気を漂わせるデザインが特徴となっています。ボディ下部のメッキ調ガーニッシュやボディ外板のカービングなどが緻密に作り込まれ、ヘッドランプの丸みが愛嬌を感じさるモデルです。「キャスト」のグレードには、エントリーグレードである「X」シリーズ(X“SA Ⅲ”)、高級感ある「プライムコレクション」(Gターボ“プライムコレクション SA Ⅲ”・G“プライムコレクション SA Ⅲ”)、スエード調のシートが特徴的な「G」シリーズ(Gターボ“SA Ⅲ”・G“SA Ⅲ”)があります。さらに、特別仕様車として「特別仕様車 Gターボ“VS SA Ⅲ”」「特別仕様車 G“VS SA Ⅲ”」「特別仕様車 X“リミテッド SA Ⅲ”」も展開。グレード別の内外装を楽しめる車種となっています。「キャスト」は2015年から販売を続けているモデルのため、使用されているパワーユニットが最新ではない場合があります。ただ、最新のパワーユニットでなくても、デイリーユースには十分な低燃費と走りです。国際基準の試験法であるWLTCモードで2WD車なら21.0km/L、ターボ車なら20.1km/Lと低燃費のため、環境に配慮した走りができます。また、安全装置として、衝突回避支援ブレーキ機能や誤発進抑制機能などスマートアシストIIIが搭載されています。「プライムコレクション」であれば、サイドエアバッグもつけられるため、安全面でも安心です。「キャスト」は、スーパーハイトワゴンに比べて車高が低いため、重心が低くなり、コーナーでの走行も安定しやすいつくりとなっています。「キャスト」は、上品なデザインでありながら、機能面でも充実していることから、まさに年齢や性別を問わず乗れる車種と言えます。
※記事の文章は、2021年10月時点の情報です。

車名の由来

「キャスト」は英語でCASTからきており、「配役」という意味です。「乗る人のライフスタイルを彩るキャストの一員」といった想いを込めた車名となっています。

モデル概要、その魅力は?

内外装のデザインや仕立てなどが優れている「キャスト」は、街中を走ったり、近距離のドライブをしたりといった使い方に適した車種です。また、後席シートスライドを備えており、荷室を広くとれるといった利便性や、安全システムの機能レベルが強みでもあります。2021年5月の一部改良では、全グレードにおいてオートライトを設定しました。オートライトは、周りの明るさにあわせて自動で点灯する機能で、走行中に消灯しないことから安全性の向上をはかっています。8段階のグレードがある「キャスト」の価格帯は131万~173万円(税込)ほどです。ダイハツ「キャスト」が気になる方は試乗してみることをおすすめします。