ヤリス(トヨタ)の中古車

総合評価
4.3
平均価格 164.4 万円(税込)
価格帯 124.7 ~ 290.0万円(税込)
49件 (1件〜20件表示)
並び替え

トヨタ ヤリス について

車種の特徴

TOYOTAのコンパクトカー「ヤリス」の初代モデルが発売されたのは1999年。国内では「ヴィッツ」の名で知られていますが、海外向けモデルでは初代からヤリスと名付けられていました。ヤリスは、安定性や安全性、走行性能どれをとってもハイレベルなスターレットに変わる、世界で通用する車になるよう開発された車種です。発売されると年間販売台数の6割以上が欧州となるなど、ヨーロッパでも高い評価を受けました。初代モデルのデザインは、ギリシャ人のデザイナーによる革新的なもの。5ドアのコンパクトカーとして国内外で大ヒットとなり、世界のコンパクトカー市場に多大な影響を及ぼしました。2005年に発売された2代目は、ボディを強化して衝突時の安全性を高めたほか、ホイールベースを広くして乗り心地や走行の安定感を向上。2010年発売の3代目ではホイールベースがさらに広くなり、空力性能もアップさせることで、低燃費と高速での安定した走行を実現しました。そして2020年には、国内外のモデル名称をヤリスに統一した最新モデルとなる4代目が発売となり、2021年には安全性を高めた改良がなされました。最新モデルでは、TOYOTAの車作りの構造改革に基づく新しい車の骨格「GA-Bプラットフォーム」を採用しています。ボディの強度を上げて低重心化を図りながら、より高い燃費性能と操縦の安定性を目指して開発されたプラットフォームは、まさに新世代のコンパクトカーにふさわしい存在。スムーズな駐車をサポートする「アドバンスト パーク」や、交差点での車両や歩行者の検知といった安全に関する機能「Toyota Safety Sense」が標準装備されるなど、安全に運転するための機能も充実しています。ハイブリッド車では高いレベルの低燃費を、ガソリン車では高出力と低燃費を両立。車を思い通りに動かせるような爽快な走りもヤリスならではです。無駄のなく引き締まった外観は、躍動感あるドライビングを予感させます。内装は快適かつ機能性に優れ、日常の中に楽しさや感動を与えてくれるでしょう。ゆとりのあるラゲージスペースは荷物の出し入れがしやすいのが特徴。荷物の高さに合わせて使えるデッキボードも装備されています。グレードは実用性の高い装備のみを備えたエントリーグレード「X」、オプションが豊富な「G」、鋭さのある外観が特徴の最上級グレード「Z」の3種類を用意。カラーは「スーパーホワイトⅡ」「シルバーメタリック」「センシュアルレッドマイカ」など単色が11色。さらに「ブラック×シアンメタリック」など2トーンカラーが4色の計15色と豊富なカラーから選べます。
※記事の文章は、2021年10月時点の情報です。

車名の由来

「ヤリス」は、ギリシャ神話に登場する神々の名前をベースとした造語です。ギリシャの神々には、美の女神であるCharis(カリス)をはじめ、語尾に「is」が多く使用されます。この「is」とダイナミックさと解放感を感じさせる音「Ya」を組み合わせたのが「ヤリス」です。

モデル概要、その魅力は?

かつてコンパクトカーブームに一役買ったヤリスは、魅力が詰まった車種です。まず見ておきたいのが、走行性能。低燃費でありながら、思いのままに運転できるような快適で軽快な走りを実現しました。操作性も安定感があり、低速から高速まで力強い走りができるエンジンを搭載しています。次に世界初の装備を備えた安全性能です。駐車する位置のメモリ機能を世界で初めて有した、「アドバンスト パーク」を搭載。区画線がなくてもボタン1つで駐車をアシストしてくれます。ほかにも白線や縁石などの境界からはみ出さないようステアリングをサポートする「レーントレーシングアシスト」など、安心の機能が充実。離れた場所でもドアロックや駐車位置の確認ができる安心サービス「マイカーサーチ」の利用も可能です。心地よく上質な車内空間もヤリスの魅力。ディスプレイに表示されたスマートフォンのアプリを操作できる機能や、車内の空気をキレイにする「ナノイーX」の放出機能。さらに、シート横のレバー操作で座席が回転したり傾いたりする「ターンチルトシート」機能をTOYOTA初搭載。スムーズに乗り降りできます。