GS(レクサス)のクルマ

平均価格 159.5 万円(税込)
価格帯 38.9 ~ 474.5万円(税込)
69件 (1件〜20件表示)
並び替え

レクサス GS について

車種の特徴

レクサスGSは、レクサスブランドが誇りとするセダンとして知られる車です。元々レクサスは北米向けに開発されており、レクサスGSも日本での発売には至りませんでした。そのためレクサスGSは1991年10月、日本で「アリスト」として発売され、当時の車の中では高い性能をもつ車でした。
北米ではレクサスGS2代目、日本ではアリスト2代目として発売された2代目レクサスGSも米国向けでした。2代目アリストは1997年8月から販売を開始され、ロングノーズ・ショートデッキの基本的なバランスやボディ外観のイメージなどの全体的なデザインは初代デザインをうまく引き継いでいます。エンジンは、自然吸気やバルブは初代から引き継ぎましたが、低燃費が実現できるVVT-iの採用など、吸気系に改良をプラスしたことでよりエンジンが力強いものとなりました。
2005年8月、アリストとレクサスGSは統合され、レクサスGSという名前で国内でも販売が始まります。3代目レクサスGSの稼働方式にはFR(フロントエンジン・リアドライブ)の他に、新しくフルタイム4WDを設定。フルタイム4WDとは、前輪と後輪が常に繋がっている状態でドライバーが介入せず全自動で4輪駆動となる駆動方式のことをいい、より安定した走行ができるようになりました。3代目はレクサス初となるハイブリッドモデルも追加され、トヨタが行ったハイブリッド車の研究が実を結んだモデルとなったのです。エクステリアには、レクサスブランド独自のデザイン「L-finesse(エル・フィネス)」を基盤にさらに5つの共通キーワード「I.D.E.A.L(アイディアル)」(Impressive印象的、Dynamic動的、Elegant優雅、Advanced先進、Lasting普遍)が取り入れられています。ロングキャビンとリヤウインドウを寝かせることでよりエッジを効かせ、光と陰の対比をうまく表現した面構成です。
レクサスGSとしてはファイナルとなる現行型レクサスの4代目は、新たにレクサスシリーズに共通するフロントフェイス「スピンドルグリル」を採用しました。ヘッドランプの下には「L字型LEDクリアランスランプ」が設置され、重量感のあるボンネットフード、奥行があり立体的なフロントバンパーが採用されました。トレッド幅や全幅が拡大したことによりアグレッシブで存在感のあるフロントマスクが特徴のデザインです。ニュルブルクリンクなどの世界各国の道で100万㎞超えの走り込みを行い、徹底的に鍛えられた走行性能を実現しました。
2020年8月、レクサスGSは惜しまれつつも販売を終了し、その長い歴史にピリオドが打ちました。
※記載の文章は、2022年10月時点の情報です。

車名の由来

レクサスGSの「GS」は「グランドツーリングセダン」の略称です。高速道路などを使った長距離ドライブでも、余裕をもって運転できるセダンという意味からGSと名付けられました。

最新モデル情報

レクサスGSが2020年8月に生産終了を迎えるにあたり、GS特別仕様車「Eternal Touring(エターナルツーリング)」が同年6月1日に発売されました。Eternal Touringという名前は、GSの生産終了後もレクサスがこれまで創り上げたグランドツーリングへの強いこだわりを受け継ぐという思いを込めてつけられました。Eternal Touringのエクステリアは、アルミホイールやスピンドルグリル、ドアミラーやボディのリヤスポイラーなどをブラックカラーに配色しています。GS3502WDとGS450hのEternal Touringには、車のブレーキ部品のひとつであるブレーキキャリパーにオレンジの配色のオレンジブレーキキャリバーを採用するなど、力強い走りを思わせる精悍なスタイリングとしました。インテリアは、繊維が細かいことで滑らかな触感を出せるスエード調高級人工皮革「アルカンターラ表皮」を採用。ドア室内側内張り部分ドアトリム、メーターフードなどにはブラックの色合いに映えるレッドステッチを施し、スポーティーさと上質さが際立っています。GS特別仕様車Eternal Touringは、レクサスGSの集大成のこだわりが詰まった車です。※GS特別仕様車Eternal Touringはすでに販売を終了しています。