CT(レクサス)の中古車

総合評価
5.0
平均価格 128.7 万円(税込)
価格帯 56.5 ~ 398.9万円(税込)
43件 (1件〜20件表示)
並び替え

レクサス CT について

車種の特徴

レクサスCTは2011年1月にLEXUS(レクサス)から、時代を先取りする本質的なラグジュアリーカーとして発売されました。レクサスブランドでは初となる大きめのコンパクトカーで、FF駆動のハイブリッド専用のハッチバックモデルです。ラインアップは標準タイプのCT200hに加え、カードキーなどを装備したバージョンC、本革シートや本木目パネルなどハイグレードなバージョンL、スポーティーなFスポーツの4つを設定しています。レクサスのデザインフィロソフィとされる「L-finesse:エルフィネス」は、先鋭という意味のLeading-edgeと、精妙という意味のfinesseの、相反する2つの価値を同時に実現するという意味があります。初代レクサスCTもL-finesseを基にデザインされており、躍動感みなぎる大きめのコンパクトカーと、全体的に低重心なワイド&ローのイメージを前面に押し出しました。このイメージと、気品ある高級感を上手く融合させ、見る人に艶やかな印象を与えます。さらに目を引くショルダーやタイヤの強調されたフォルム、全体的に低重心で安定した佇まいは居住空間を豊かに確保しながらも、疾走感溢れるシルエットが魅力です。こだわりのインテリアはレクサス独自のオペレーションゾーンとディスプレイゾーンを分け、機能面を重視しており、運転席まわりの操作性を高めています。2017年8月にマイナーチェンジを行い、レクサスの顔ともいわれるスピンドルグリルは新デザインのグリルメッシュを取り入れ、よりアグレッシブに進化しました。エクステリアだけでなく、インテリアにも多彩な装備を兼ね備え、居心地、走行性能ともに快適なドライブができる先進的なコンパクトカーになっています。
※記載の文章は、2022年11月時点の情報です。

車名の由来

レクサスCTの「CT」は「Creative Touring(クリエイティブツーリング)」の頭文字に由来し、創造的な旅が楽しめる車という意味を持たせています。

最新モデル情報

2020年8月に発売されたレクサスCT200hはプレミアムコンパクトクラスのハイブリット専用モデルです。CT200hをベースグレードとして、その他に、専用チューニングサスペンション装備のバージョンC、充実した装備で高級感溢れるバージョンL、スポーツバージョンのFスポーツの4グレードを設定しています。これらに1.8Lアトキンソンサイクルエンジン、リタクションギア、モーターを取り入れたハイブリッドシステムを搭載しています。街中の乗り回しにふさわしいプレミアムコンパクトカーでレクサスを象徴するフロントマスクと、艶やかでなめらかなレクサスらしいフォルムデザインが特徴です。運転の楽しさを感じられる軽快なステアリングレスポンスと上質な乗り心地で快適なドライビングを提供します。また、安全面では予防安全パッケージである「Lexus Safety System+」を搭載。前方にある車両や歩行者を、単眼カメラとミリ波レーダーで検出して衝突する可能性がある場合は、警報やブレーキなどの制御を行い、衝突を回避もしくは軽減してくれます。プリクラッシュブレーキアシストは万が一、衝突しそうになってドライバーが急ブレーキを踏んだり、ブレーキが間に合わなかったりした際に作動し、適度に減速して衝突回避、衝突被害を軽減してくれます。レーンディパーチャーアラートは車線を逸脱してしまう可能性がある場合に、警報ブザーとメーターディスプレイで注意喚起してくれるので疲れている時でも休憩を促してくれて安心です。そして夜間走行時に自動的にロー・ハイビームを切り替えてくれるオートマチックハイビームで、切り替えの煩わしさや切り忘れを軽減してくれます。最新モデルはさらにパーキングサポートブレーキ機能を装備し、低速取り回し時の事故をサポートしてくれます。
レクサスCT200hのボディカラーは豊富な13パターンを展開しており、Fスポーツグレードはブラックルーフモデルも展開しています。またインテリアにもこだわりが詰まっていて、上質なシートはシックな6カラー、Fスポーツはスタイリッシュな5カラーから選ぶことが可能です。さらに艶やかなオーナメントパネルのカラー展開や、情報処理がスピーディなハイブリッドナビや壮大な音響空間を再現したプレミアムサラウンドサウンドシステムなどを装備しています。レクサスCT200hはドライバーにとって優良なドライブ空間を提供してくれるラグジュアリーな車です。

(C)Premium Group Co., Ltd.