IS(レクサス)の中古車

総合評価
5.0
平均価格 209.3 万円(税込)
価格帯 47.8 ~ 904.7万円(税込)
132件 (1件〜20件表示)
並び替え

レクサス IS について

車種の特徴

「レクサスIS」は、トヨタ自動車が世界に向けて展開する高級ブランド「レクサス」シリーズのミドルクラスに位置する車です。世界各地で走り込みを行い、高い次元の乗り味が追求されています。
外観は、スポーティさ溢れるシャープな造形と過去のFRスポーツセダンにはない、挑発的なオーラをまとったデザインです。裾野をリヤに向かって伸ばすことで、左右の幅が絞られたキャビンと張り出すフレアの落差により、4ドアセダンには珍しいクーペシルエットを実現しています。加えて、タイヤに大径のものが採用されたことによりフレアが張り出され、低重心でグラマラスなプロポーションが創造されているのです。さらにヘッドライトには、L字に型取られたクリアランスランプの下に小型のロー&ハイビーム用のLEDユニットを配する薄型のランプを採用しています。そしてテールランプには、横に細長く繋がった印象的なリヤコンビネーションランプが搭載されています。
インテリアは、ドアミラーの配置をはじめ、中央ディスプレイの角度や大きさなどドライバーの視界をしっかりと確保する安心の設計です。
コックピットには、ドライバーの気持ちを高める多くの工夫が凝らされています。適切なドライビングポジションと操作性の良いペダルやステアリング、自然な切り替え動作が可能なスイッチ類により、思いのままのドライビングが叶えられます。
開放感のある後部座席は、クーペシルエットでありながらも天井や足元に十分なゆとりのあるスペースが設けられ、リラックスできる空間です。また、電動リヤウインドゥサンシェードが装備され、室内への日差しを和らげると共にプライバシーを保護する役目を果たしています。
ラゲージルームは広さと使いやすさが両立され、ガソリン車は9インチゴルフバッグが3つ、ハイブリッド車であれば2つ収納できるほどの大きさです。
そのほかには、運転席側の吹き出し口に「ナノイーX」を備え、車室内の快適な空気環境に配慮されています。
そして、レクサスISの優れた走行性も注目ポイントです。ステアリングを戻す際の正確性や手応え、ブレーキを抜く際のコントロール性やフィーリングの作り込みを実施し、曲がりくねった道においてもドライバーの意のままに走行可能です。さらにはステアリング、ブレーキ、エンジンといった機能をひとまとめのシステムとして統合制御することによって、高い予防安全性と理想的な運動性能を体現しています。
※記載の文章は2021年12月時点の情報です。

車名の由来

レクサスの車名の由来は、公表されていません。しかしながら、「贅沢」や「豪華」の意味を含む「ラグジュアリー」をベースに、語尾へ「US(ウス)」を付けたギリシャ語風の造語であるという一説があります。なお、レクサスISの「IS」部分は、「Intelligent Sport」を略したものです。日本で発売された初代モデルは、「アルテッツァ」という車名で販売されていましたが、フルモデルチェンジを果たした2代目以降からは、「レクサスIS」として販売されています。

最新モデル情報と人気の理由

「レクサスIS」の人気の理由には、シリーズから継承された高級感や走行性もさることながら、搭載される先進の安全装備が挙げられます。
最新モデルには、「最高速度」や「車両進入禁止」、「一時停止」、「はみ出し通行禁止」といった4種類の道路標識を単眼カメラにより認識し、マルチインフォメーションディスプレイへの表示を行います。これにより、道路標識の見落としを低減し、安全運転の促進が可能です。
また、プリクラッシュセーフティを採用し、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者を検知し、衝突の可能性が高いときにはディスプレイとブザーによってドライバーに警告を送ります。その際にドライバーがブレーキを踏んでいる場合は、ブレーキ踏力をアシスト。万が一踏めなかった場合には自動ブレーキ機能が発動し、衝突事故の回避や衝突被害の軽減を図ります。

(C)Premium Group Co., Ltd.