CLA(メルセデス・ベンツ)のクルマ

平均価格 228.7 万円(税込)
価格帯 144.8 ~ 439.0万円(税込)
14件 (1件〜14件表示)
並び替え

メルセデス・ベンツ CLA について

車種の特徴

「メルセデス・ベンツ CLAクラス」は2013年に初代が発売され、2019年に現行モデルである2代目が発売されました。メルセデス・ベンツは特徴によってクラス分けがされています。Aから始まりSが最上位クラスです。CLAクラスはBクラスと同等のランクとして扱われています。高級車と思われがちなメルセデス・ベンツですが、CLAクラスは313万〜567万円ほどで購入できます。 CLAクラスはAクラスを元に制作され、スタイリッシュでスポーティーなデザインが特徴です。比較的コンパクトなサイズなので、大きな車の運転に不安を感じる方でも安心して運転できます。2013年に登場した初代モデルはノッチバックスタイルでしたが、2019年に発売された2代目モデルはフルモデルチェンジを経てファストバックスタイルに変わり、居住性や性能も向上しました。また、メルセデス・ベンツ CLAクラスには「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」という注目すべき機能が備わっています。人工知能が搭載されており、話しかけるだけでさまざまな機能を起動できる装備です。対話を重ねるうちにドライバーの好みや傾向などが分析され、最適化されていきます。ほかにも「インテリジェントドライブ」という、危険時にブレーキやアクセルを駆使してアシストしてくれる機能、ウインカーをつけるだけで車線変更できる「アクティブレーンチェンジングアシスト」も搭載されています。また、ドライバーの注意力が低下したときに知らせてくれる「アテンションアシスト」も装備されており、安全に走行できる機能が満載です。現在発売されている2代目のCLAクラスには、「CLAシューティングブレーク」と「CLAクーペ」という2種類があり、CLAシューティングブレークはステーションワゴンタイプのモデルです。その中でも5つのモデルに分かれており排気量や加速性能が異なります。「スタイリッシュな、週末を。」をコンセプトにルーフラインを美しく仕上げ、十分な空間と世界最高水準の安全性能を兼ね備えています。エクステリアでは、ダイナミックでスポーティーなフロントと、艶やかな存在感のあるリアエンドが特徴です。インテリアでは、革新的なデザインのダッシュボードや美しいディスプレイなど、洗練された次世代のスポーティな空間を創造しています。機能面では、スマートフォンのように操作が可能な「タッチインターフェース」や快適な温かさに調整できる「シートヒーター」、大面積のガラスルーフが大きな開放感を与え、挟み込み防止機能がついている「パノラミックスライディングルーフ」などさまざまな機能が搭載されています。安全性能については、鮮明な画像でバックでの駐車をサポートする「パーキングアシストリアビューカメラ」がついているので安心です。また、大容量のラゲッジルームやワンタッチ操作でドアの自動開閉が可能な「EASY-PACK自動開閉テールゲート」など使いやすい工夫が満載です。CLAクーペは「美意識に従え。」をコンセプトに、官能的なプロポーションと艶やかなディティール、新世代のインテリア、そして優れた走行性能や環境性能を兼ね備えています。エクステリアでは、スポーティーなヘッドライトとグリル、迫力のあるフロントバンパー、力強い造形のリアエンドとリアフェンダーが官能的なプロポーションを創造しています。インテリアや機能はCLAシューティングブレークとほとんど同じですが、ボディサイズや燃費、車両の重さ、ラゲッジスペースの広さなどが違うポイントです。
※記載の文章は、2021年11月時点の情報です。

車名の由来

「メルセデス・ベンツ」の「メルセデス」は女性の名前から由来しています。「メルセデス・ベンツ」の会社であるダイムラー社の販売会社を経営していた、エミール・イェリネックの愛娘、メルセデス・イェリネックから名付けられました。「ベンツ」は創業者であるカール・ベンツから由来している名前です。

最新モデル情報

「メルセデス・ベンツ CLAクラス」は2021年10月に新しいモデルが発売されました。「センシュアルピュアリティ(官能的純粋)」という基本の思想に基づいて、シンプルで流麗かつ力強さを感じるエクステリアデザインと、上質さと若々しさを表現したインテリアデザインが採用されているのが特徴です。今回のモデルチェンジから、一部のモデルにしか適用できなかった、間接光のアンビエントライトが64色から選択できるオプションやナビゲーション機能が標準装備となりました。