レヴォーグ(スバル)のクルマ

総合評価
5.0
平均価格 184.7 万円(税込)
価格帯 78.4 ~ 408.8万円(税込)
101件 (1件〜20件表示)
並び替え

スバル レヴォーグ について

車種の特徴

「レヴォーグ」はスバルから2014年6月に販売開始された、ステーションワゴンです。スバルのステーションワゴンは、これまで「レガシィ」が牽引してきました。しかし、レガシィはモデルチェンジごとにサイズアップしてきたため、レガシィよりコンパクトなレヴォーグが後継車として登場。初代レヴォーグは、2~4代目のレガシィと全長が同じくらいです。2020年10月には新型が登場し、現行モデルとなっています。新型のレヴォーグには、安全性能や走行性能が向上し、デザインもリニューアルされています。グレードは、「GT」「GT EX」「GT-H」「GT-H EX」「STI Sport」「STI Sport EX」の6グレードがラインナップ。「GT」はスタンダードモデル、「GT-H」はハイグレードモデル、「STI Sport」は最上級モデルとなっています。「EX」の有無は予防安全機能のアイサイトの種類が違い、「EX」グレードには最先端の「アイサイトX(エックス)」が搭載。「EX」グレードでない場合は、「アイサイト」が搭載されています。「アイサイト」とは、運転支援システムのことです。カメラが道路状況を把握し、衝突回避や誤発進抑制などの機能があります。「アイサイトX」は「アイサイト」より進化した安全技術です。衛星からの情報と高精度の地図データから正確な走行位置を導き出し、行く先の道路状況をも判断して運転をサポートしてくれます。特に高速道路で実力を発揮し、スムーズな車線変更、渋滞時のハンズオフ走行、料金所手前での減速などを支援。ストレスや負担の軽減にもつながり、より快適なドライブが楽しめます。「アイサイト」だけでなく、衝突安全にも特化しており、衝撃を最小限に抑えるボディが特徴的です。車内のエアバッグは8つあり、車外のフロントガラスやピラーなどを覆うエアバッグも装備されています。万が一衝突した場合でも、車内や歩行者への衝撃を緩和する配慮がなされています。外観や内装は、スタイリッシュかつスポーティなスタイルが印象的です。前傾デザインが、先進性やコントロールのしやすさが表現されています。車内も高級感あふれる仕様と、中央のインフォメーションディスプレイが目をひきます。運転席の液晶モニターでは、時速やガソリン残量だけでなく、ナビゲーション、アイサイト情報などを表示。運転をサポートしてくれる機能が満載です。なお、現行モデルは生産終了しており、在庫対応のみとなっています。
※記載の文章は、2021年10月時点の情報です。

車名の由来

「レヴォーグ」という車名は、「レガシィ」に由来しています。「レガシィ(LEGACY)」の「LE」、「REVOLUTION(変革)」の「VO」、「TOURING(ツーリング)」の「RG」を組み合わせ、「LEVORG(レヴォーグ)」となったのです。レガシィのDNAを受け継ぎ、ツーリングカーを変革していくという思いが込められています。

モデル概要、その魅力は?

「レヴォーグ」の魅力は、安心して快適な運転ができるところにあります。2020年には、JNCAP(国土交通省などが実施している自動車の安全性能評価)の最高評価、「自動車安全性能2020ファイブスター大賞」も受賞しました。予防安全性能評価では、満点を獲得。最新のアイサイトでは、夜間の歩行者認知や死角からの飛び出しにも対応できる実力があります。衝突安全性能評価では、96%の高評価を得ました。全方位エアバッグや、衝撃による変形を防ぐボディが安全性能を高めています。事故自動緊急通報装置評価でも、満点を獲得しています。有料サービスにはなりますが、事故によるエアバッグ作動時には自動的にコールセンターに通報するシステムが搭載。警察や救急などとも連携し、よりスピーディーに事故後の対応が可能です。(「GT」、「GT-H」、「STI Sport」のグレードではオプション対応になります。)安全運転のサポートが充実している車です。