フォレスター(スバル)の中古車

総合評価
4.5
平均価格 145.3 万円(税込)
価格帯 54.0 ~ 384.9万円(税込)
125件 (1件〜20件表示)
並び替え

スバル フォレスター について

車種の特徴

「フォレスター」は1997年2月に遊べるスポーツカーと銘打って販売開始されました。SUVとステーションワゴンの特徴を併せ持ち、オフロード性能の高さや安定した走行が評価されている車です。販売後は、2002年、2007年、2012年にフルモデルチェンジを行い、現行モデルは2018年に発売された5代目となっています。フォレスターの魅力のひとつである走行性能は、スバル独自のシステム「AWDシステム」に由来します。水平対向エンジンに加え、左右対称のパワートレーンで、どんな路面状況でも力強い走行を実現。重量バランスや重心位置にもこだわりがあり、安定感や安心感を得られます。また、路面状況に応じてブレーキや駆動力をコントロールする、ヒルディセントコントロールが搭載。車速によって自動で制御システムを切り替えてくれるので、より安心して運転できるのも嬉しいポイントです。さらに、予防安全機能のアイサイトも備わっています。カメラが幅広いエリアを認知し、交通状況を認識してくれます。アイサイトは、車や歩行者などが行き交う交差点でも実力を発揮。衝突回避や誤発進抑制のサポートをしてくれます。加えて、前方の車に追従するクルーズコントロール、ふらつきや車線逸脱などを知らせる警告機能など、安全運転を支えるさまざまな機能も搭載されています。デザインや内装は、アウトドアでも活躍する仕様になっており、力強さが印象的です。車内は足元や肩回りにゆとりがあり、窮屈にならずに搭乗できます。荷室のカーゴルームも、大人2人が一緒に座れるほどの開口部と、自転車やキャンプ用品も積めるくらいの大容量を誇ります。そんな広々とした車内空間にも関わらず、ボディサイズは大きすぎず、最小回転半径は5.4mと小回りが利くので、扱いやすさも特徴的です。外観は逞しさを感じるダイナミックなデザインで、10色のボディーカラーがラインナップしています。グレードは、スタンダードモデルの「Touring」、機能的なアイテムが搭載されている「X-BREAK」、質感の高さが際立つ「Advance」、上級装備のスポーティモデルである「SPORT」の4種類の展開となっています。WLTCモードによる燃費は、「SPORT」で13.6km、その他のグレードは14.0kmです。
※記載の文章は、2021年10月時点の情報です。

車名の由来

「フォレスター」という車名は、英語の「FORESTER」が由来となっています。「森を育む人」や「森に住んでいる人」という意味を持ちます。

モデル概要、その魅力は?

「フォレスター」の魅力は、力強く安定感のある走りを実現しながら、安全に配慮した多彩な機能にあります。「SPORT」以外のグレードには、スポーティな走行をサポートするe-アクティブシフトコントロールが搭載。アクセルやブレーキといった操作状況から、高い回転数を保ちながらのコーナリングやコーナーの後の加速をサポートするなど、変速を的確に判断してくれます。「SPORT」では、1.8L DOHCの直噴ターボである「DIT」が搭載されています。アクセルの踏み込みに応じた加速感が得られ、スムーズに合流や追い越しなどが可能です。さらに安心できるのが、アイサイトに加えて「ドライバーモニタリングシステム」が搭載されていること。車内のカメラがドライバーの顔を認知し、顔の向きが前方になかったり、一定の時間目を閉じていたりすると、警告してくれます。また、シートポジションやエアコン設定、ドアミラーの角度なども記憶し、ドライバーにとっていつでも快適な状態で走行開始できるようになっています。こちらのシステムは、「Advance」と「SPORT」グレードでは標準装備、「Touring」及び「X-BREAK」ではオプションで装着可能です。そのほかにも、左右の席で独立して温度が設定できる空調、シートヒーター、オートドアロック・アンロック機能など、快適で安全なドライブをサポートしてくれる工夫が満載な車です。

(C)Premium Group Co., Ltd.