ハイゼットトラック(ダイハツ)の中古車

総合評価
4.5
平均価格 104.7 万円(税込)
価格帯 22.8 ~ 459.0万円(税込)
153件 (1件〜20件表示)
並び替え

ダイハツ ハイゼットトラック について

車種の特徴

「ハイゼットトラック」とは、1960年11月にダイハツより誕生した軽四輪商用車です。
働く人々に寄り添い、安心・安全でありながら快適さを兼ね備えた相棒として長年愛用され続けてきました。2020年には、発売から60周年を迎え農業をはじめとする第一次産業で広く活躍しています。さらに、近年では送迎や買い物、アウトドアなどにも利用され、より一層人々の生活に根ざした相棒のような存在となっているのです。2014年の秋にモデルチェンジを果たし、2017年には安全性の追求として車両のステレオカメラで周囲の様子を認識し運転者のサポートを行う「スマートアシスト」を採用しました。新モデルに搭載されている「スマートアシストⅢt」は、運転中に人や車などに衝突の恐れがあった場合、警報でドライバーに注意を促します。より危険性が高いときには、緊急ブレーキが発動し減速を自動で行い、衝突の防止や万が一の衝突による被害の軽減を図ることができる優れた機能です。さらには、駐車時における誤発進の回避や車線からのはみ出しの警告、信号待ちで前方の車が発進して気付けない場合のお知らせ機能などにより安全のサポートを行なっています。安全に重きを置いた「スマートアシストⅢt」を搭載していることから、ハイゼットトラックは高齢者の運転に適するセーフティ・サポートカーSの条件を満たし、政府からの推奨を受けています。軽トラックに不可欠な荷台の広さでは、トップクラスのガードフレームと荷台フロアの長さが使用され、業種を問わず様々な荷物を積載することが可能。また、アッパーボディに高い防錆鋼板の使用率を誇り、3層に及んだ入念な塗装によって、塩害や融雪剤などが原因となるサビの発生を抑制しています。サビの保証期間も長く、業種を問わない活躍が頷ける工夫が凝らされているのです。走行性の面では、トパーズネオエンジンを搭載し過酷なシーンでも頼れるパワーと機動力を備えています。燃費においてはMT車が15.3km/L、AT車が13.2km/Lとパワフルさとは裏腹なエコロジーを実現。なお、小回り性にも優れていることから、街中やあぜ道における運転も容易に行うことが可能です。ボディカラーは、標準のシルバーとホワイトおよびオプションとして軽トラには珍しい鮮やかな6色を好みや業種、お店の個性に合わせたセレクトができます。加えて、キャビンが広々とした、乗用車さながらの乗り心地を叶える「ジャンボ」もラインナップ。リクライニングができ、シート背面には荷物が置けるほどのスペースが確保されているのが特徴です。また、座席シートには、撥水性のあるフルファブリックシートが使われており汚れも楽に拭き取ることができます。併せて、ヘッドランプやフォグランプには、視界を明るくするLEDが標準装備されており悪天候や夜道にも安心です。
※記事の文章は、2021年10月時点の情報です。

車名の由来

「ハイゼット」は、1960年台に人気を博した3輪車のミゼットと比較してより高性能な上位車種であるという意味を込めた造語です。2020年には発売から60周年を迎え、今もなお働く人々に寄り添い、安心・安全なうえに快適さを兼ね備えた相棒として活躍し続けています。

最新モデルの魅力を紹介!

2020年に60周年となるハイゼットトラックは、時代に合わせたモデルチェンジを繰り返し現在10代目です。使い勝手の良さと積載性がより向上した仕様となっています。さらに女性目線を意識した、バラエティに富んだボディカラーのラインナップやバニティミラーといったこれまでにない装備も充実しています。そして、高齢化社会や日常使いにも対応したスマートアシスト機能により、さらに安心・安全な運転のサポートが可能です。

(C)Premium Group Co., Ltd.