アクア(トヨタ)の中古車

総合評価
4.4
平均価格 91.0 万円(税込)
価格帯 38.0 ~ 289.8万円(税込)
432件 (1件〜20件表示)
並び替え

トヨタ アクア について

車種の特徴

「AQUA(アクア)」は、2011年12月に「Harmo-tech」(知性・感性を刺激する、人に寄り添う先進)をコンセプトに販売されたコンパクト&ハッチバックカーです。初代アクアの登場から2014年・2017年には2度のマイナーチェンジを行い、フロントマスクの変更をはじめ様々な改良が加えられ、今もなおトヨタを代表する車として販売され続けています。上質かつシンプル、そしてクラスレスなデザインを目指して作られたアクアの由来は、ラテン語の「水」という意味があります。誰からも愛される新しい時代の、ハイブリッドコンパクトカーに相応しいネーミングといえます。プリウスで高評を得ているモーターやリダクションギア、ガソリンエンジンを組みあわせたハイブリッドシステムを元に開発された画期的なハイブリッドカーです。小さいボディにハイブリッドシステムを搭載し、優れた燃費性能と扱いやすい大きさで、発売当初から高い支持を得ています。ボディサイズは、4050mm(全長)×1695mm(全幅)×1455mm(全高)です(一部グレード除く)。同じトヨタのヴィッツもコンパクトカーですが、比べると少し背が低く全長も長くなっています。スタイリッシュかつエモーショナルなデザインに、全長が4000mほどのコンパクトなボディにも関わらず、のびのび乗れるゆとりのある空間、そしてカーゴスペースを実現しています。優れたユーティリティスペースやボディスタイルが特徴の車種モデルです。パワフルな走行性能や高い燃費性能、さらに購入しやすい価格帯により発売から約1ヶ月間で約12万台を受注といった好調な立ち上がりをみせました。アクアの人気は日本にとどまらず、中南米や北米、アフリカ、台湾・香港・シンガポールなどのアジア諸国などで販売され、性別や年齢を問わず世界中で愛されている人気のモデルです。また、クロスオーバースタイル「Crossover」やスポーティな走りが可能な「GR SPORT」など、ラインナップが豊富にあるのもアクアの魅力です。人と少し違うアクアに乗りたい、というニーズにもしっかり応えてくれています。アクアは下からからL・S・Gという3つのグレードを展開しており、169万〜185万円という新車の価格帯からも分かるようにグレードの違いでの装備差は少ないです。さらにグレードの展開とは別に用意されているのが7つのパッケージオプションです。「スマートエントリーパッケージ」「LEDヘッドランプパッケージ」「ツーリングパッケージ」「ビューティーパッケージ」「アドバンストディスプレイパッケージ」「ナビレディパッケージ」「オーディオパッケージ」とあり好みの装備にできます。
※記載の文章は、2021年11月時点の情報です。

車名の由来

「アクア」は、ラテン語で「水」という意味です。水はハイブリッドに共通するところがある透明感のあるクリーンなイメージや、誰もが必要とし大切にするイメージを連想させるところから名付けられました。また、水のように自由な広がりを持ち、従来のハイブリッドカーのようなイメージに囚われずに、より多くのお客様に楽しんでほしいという想いも込められています。

最新モデル概要、その魅力は?

トヨタは2021年7月19日に、フルモデルチェンジを行い新型「アクア」の発売を開始しました。正式発表が2011年12月26日にされ、発売開始されたアクアは、発売から約10年という節目の年にフルモデルチェンジをしています。ボディサイズは初代アクアと同じサイズのまま、ボディは初代アクアと同じサイズのまま、全長4050mm、全幅は1695mm、2WDは全高1485mm、4WDは1505mm。ホイールベースは2600mmとなっており、初代より50mm延長しています。新型プリウスに採用された「TNGA」を元に開発され、低重心化、そしてボディの剛性がアップし旧型モデルのアクアから大きな進化を果たしました。最大で一般の家庭約5日分の電力供給を可能にした外部給電機能を標準装備しています。またボディサイズも旧型のモデルより少し大きくなり、室内はさらに広い空間となり内装周りも豪華な仕様になっているのも特徴のひとつです。

(C)Premium Group Co., Ltd.