オデッセイ(ホンダ)のクルマ

総合評価
3.5
平均価格 109.3 万円(税込)
価格帯 19.9 ~ 429.9万円(税込)
192件 (1件〜20件表示)
並び替え

ホンダ オデッセイ について

車種の特徴

「オデッセイ」は1994年に誕生して以来、ミニバンとして人気を誇ってきたHondaの乗用自動車です。2021年12月に生産を終了し、27年間の歴史に終止符を打ちました。初代オデッセイから5代目となる現行のオデッセイまでの歴史は長く、ミニバンブームの礎を築いてきました。Hondaとして初のワンボックス・ミニバンとして販売されたオデッセイ。初代販売当時、ミニバンの常識であったスライドドアを採用しなかったことで話題となり、大胆な背の高いボディで人気を獲得しました。大きな車体を有しているにも関わらず小回りが利くのが特徴。ほかのミニバン車よりも全高が低いので、国内のほとんどの立体駐車場への車庫入れが可能です。初代オデッセイは欧州では「シャトル」という車名で発売されるなど、北米、欧州、中国などさまざまな国でも発売された車です。2009年には国内累計販売台数100万台を突破するなど、業績は好調でした。その後もマイナーチェンジやフルモデルチェンジを繰り返し、5代目オデッセイまで至ります。5ドア使用で乗車定員は7名です。
※記事の文章は、2021年10月時点の情報です。

車名の由来

「長い冒険旅行」という意味のOdyssey。長距離移動でも家族や仲間と快適な冒険旅行が楽しめるように、という願いを込めて名付けられました。また、派生モデルのオデッセイ・アブソルートの由来は、「絶対的な、完全な」という意味を持つAbsoluteという英語からきています。オデッセイの名前の願いをベースに、「大人のエレガンス&ダイナミクス」というコンセプトが追加で込められています。Hondaの願い通り、発売から多くの家族や仲間たちが快適な乗り心地を楽しんでいます。

最新モデル情報

最新モデルのオデッセイは、ABSOLUTE、e:HEV ABSOLUTE・EXの2種類があります。ミニバン車のカテゴリーに分類されながらもABSOLUTEは平均燃費12.8km/L(WLTCモード)、e:HEV ABSOLUTE・EXは20.2km/L(WLTCモード)と、低燃費を実現。e:HEV ABSOLUTE・EXにおいては、2030年度燃費基準に対応。ABSOLUTEは2030年度燃費基準95%達成車に認定されています。また、全タイプのオデッセイで、平成30年排出ガス基準75%低減レベルをクリアしているなど、環境にも優しい車種です。ボディカラーはプラチナホワイト・パール、スーパープラチナ・メタリック、プレミアムスパークルブラック・パール、プレミアムヴィーナスブラック・パール、オブシダンブルー・パールの5色から選ぶことができます。荷室はキーを持った状態で足先を車体の下に出し入れするだけでテールゲートが開くので、荷物を両手に抱えていても楽々と積み入れることができます。また、3列目シートにおいては座席を床下に収納できるなどの機能性に優れており、同乗者の乗り心地にもこだわりがあります。運転席にはパワーシートを搭載。8段階の調節機能が運転のサポートをしてくれます。走行性能の面でも、最小回転半径は5.4mとミニバン車とは思えないほどの小回りを実現させ、市街地での運転も快適です。Honda SENSINGが標準搭載されているため、安全性能も高いこともポイントのひとつと言えるでしょう。内装では、重厚感のあるインテリアパネルが乗る人の気分を向上させます。シートはファブリックシートとコンビシートの2種類から選べるので、乗る人の好みに合わせて車内をカスタマイズすることができます。また、サイドリフトアップ車は福祉車両としても使うことができ、リモコンのボタン一つでシートを電動で車外へスライドします。また、2列目以外にも助手席をリフトアップシートに変更することもでき、今の時代にマッチした提案をしています。