ヴォクシー(トヨタ)の中古車

総合評価
4.4
平均価格 146.1 万円(税込)
価格帯 34.8 ~ 567.7万円(税込)
379件 (1件〜20件表示)
並び替え

トヨタ ヴォクシー について

車種の特徴

トヨタ「ヴォクシー」は、大きな荷物を積んでレジャーや、大勢でのドライブなどに活躍するミニバンであり、初代モデルは2001年より発売されました。人気車種のノア、エスクァイアと合わせてミニバン3兄弟とも呼ばれ、そのスポーティな見た目で若いファミリー層からの高い人気を誇っています。「父になっても自分スタイルで。カッコいいを諦めない。」というコンセプトデザインのもと、スタイリッシュで都会的な雰囲気であり乗る人の気分を高めてくれる外観です。一方、内装は運転時や車内でくつろぐ時など、どんな時にもベストな空間でいられるようなインテリアデザインとなっています。アクティブに行動するファミリー向けに、広さやディテールに趣向を凝らし、シートバリエーションも豊富に展開しています。パッケージングには、車内の頭上が1400mmと広く取られ、さらに360mmの低床で乗り降りをサポートするアシストグリップが装備されており、子どもでもスムーズな乗り降りが可能です。荷室のサイズは、横幅1100mm、床は500mm(2WD)とワイドで低いことから、荷物の出し入れもしやすいのが特徴です。加えて、手の届きやすいあらゆるポイントに多彩な収納スペースが確保されています。折りたたみ式サイドテーブルや買い物フック、センタートレイなど荷物を引っ掛けたり置いたりするのにちょうど良い、日常の使い勝手が重視されています。走行性の面では、ハイブリッド車に進化と熟成の上で確立されたハイブリッドシステムが装備され、WLTCモードの場合19.0km/Lの燃料消費率であり低燃費・低排出ガスの実現が可能です。また、ガソリン車においても吸気バルブリフトに連続的な変化をさせるバルブマチックの搭載や、吸排気のバルブタイミングの最適制御システムの採用などで燃費向上を図っています。そして、ヴォクシーは上方の視野拡大やインパネの最適な形状を取り入れるなど安心な視界で運転できる工夫が豊富です。ボンネットフードが運転席から見えることから、車両の幅を認識しやすく狭い道でも安心して運転できます。併せて三角窓を広くし、フロントピラーをスリムにすることにより側方への視覚も確保しています。その上でフロントドアガラスも下端を低めに設定し、巻き込み事故などを回避しやすい安心した視界環境のもとで運転が可能です。
※記載の文章は、2021年11月時点の情報です。

車名の由来

ヴォクシーは、英語で言葉や声を意味する「VOX」から生まれた造語です。さらに、ヴォクシーの若々しい言葉の響きと、英語で箱型という意味の「BOXY」を想起させる語感が外観にぴったりなことから命名されました。

最新モデル情報と人気の理由

ヴォクシーは、2021年上半期の販売台数4万1101台と兄弟車種であるノアを抜くほどの人気です。2014年からデビューしたモデルが2017年にマイナーチェンジを果たして現行のデザインとなりました。
フェンダー、バンパーが専用となるエアロ仕様の「ZS」グレードのみが展開されています。ベースグレードと同等の車重および排気量であり、税額も5ナンバーと同じです。安全性の高さと優れた経済性、使い勝手の良さが人気の理由でしょう。
特別仕様車であるVOXY煌Ⅲは、専用メッキと漆黒の色味をベースとし、上質感のあるインテリアが特徴です。ミニバンに不可欠な安全性能が一挙に盛り込まれ、走行・駐車・発進のサポートをしています。レーンディパーチャーアラートは、白線からのはみ出しを単眼カメラにより認識し、ディスプレイの表示と警報ブザーで運転者に注意を促します。また、先行車の発進も同様に運転者へ知らせることが可能です。また、インテリジェントクリアランスソナーでは壁やガラスなどの静止物を検知し、ブザー・ディスプレイ表示・ブレーキ制御を実施し衝突回避や衝突被害の軽減を図れます。このように、ミニバン界でトップクラスの支持を集めるヴォクシーは、クールな見た目に加えファミリー層のニーズに応える多彩な魅力を備えた車なのです。

現在、2のお客様が
このページを閲覧しています