ロードスターRF(マツダ)の中古車

平均価格 246.9 万円(税込)
価格帯 191.0 ~ 330.0万円(税込)
11件 (1件〜11件表示)
並び替え

マツダ ロードスターRF について

車種の特徴

マツダから販売されている「ロードスターRF」は、それまで販売されていたロードスターの歴史に新たに加わる存在として発売されました。ロードスターとの大きな違いは、トップルーフです。ロードスターRFのトップルーフは「リトラクタブルハードトップルーフ」が採用されています。リトラクタブルハードトップルーフとは、オープンカーに主に使われる車の屋根の開閉方法のひとつで、電動で車体の後方に屋根を格納することができる硬い材質のトップルーフのことをいいます。ハードルーフであるのに、屋根を格納できるところが特徴です。ロードスター史上初となる「ファストバックスタイル」を目指したロードスターRF。ファストバックスタイルとは、クルマのルーフからリアデッキまでが流れる線のようにデザインされているクルマのスタイルのことをいいます。「屋根はすべて収納するもの」という常識をなくし、オープンカーとは思えないほどリアルーフが伸びやかに設計されています。ルーフが後方に向かってゆるやかなラインを描きながら内側に絞られることで、理想的な「ティアドロップ形状(涙のしずくの形)」が作られました。エンジンは、ロードスターRF専用「SKYACTIV-G2.0」を使用。どのギアでも気持ちのよい加速ができ、走りがどこまでも続くような伸びを生み出してくれます。「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」も搭載されていて、車や歩いている人が正面方向にいる場合だけでなく、バック時に車や障害物がある場合も、衝突の危険性を判断・ブレーキを制御し衝突回避をサポートしてくれるので安心。ペダル踏み間違いによる誤発進も抑制してくれるサポートや、クルーズコントロール、交通標識認識システムも搭載され制限速度を超過している場合も運転手に警告してくれます。
※記載の文章は、2022年10月時点の情報です。

車名の由来

ロードスターとはもともと、屋根がなく運転席と助手席のみを有するモデルのクルマ表す名称でした。そのことから、世界に本格的に通用する「オープン2シーターライトウェイトスポーツカー」を目指すという意味で「ロードスター」と命名されました。RFの由来は「Retractable(格納できる)」ルーフをもつ「Fastback(ファストバック)」スタイルの車という意味でつけられました。

最新モデル情報

マツダはロードスターRFだけではなく、販売している車の多くを年次で改良しています。「常に車を最新の仕様にする」というのがマツダの考えであり、年々魅力ある車に変化しています。ロードスターRFは令和3年に「キネマティック・ポスチャー・コントロール」を搭載。キネマティック・ポスチャー・コントロールとは、地面からの衝撃を吸収する装置の
通常時のなめらかな動きを活用し、コーナーを高速で曲がる際もよりブレのない、一体感のある旋回姿勢が実現できる技術のことです。ロードスターRFのリアサスペンションは、スピードを緩めた際、車体を引き下げ、後輪を浮き上がりづらくするアンチリフト力が起こるつくりとなっています。キネマティック・ポスチャー・コントロールではこの性質を使用し、重力が強くかかってしまうインコーナーを運転する時、後輪タイヤ内側を少し静止します。そうすることで、車体が左右に回転する力を抑制し、車体が下がり車の姿勢が安定しコントロールも楽に。キネマティック・ポスチャー・コントロールを搭載した場合でも、車体の重さは1gも変化しません。この技術が搭載されることによって、車が地面を這うような安定さを可能にし、運転手は気持ちよくスピードを上げることが可能です。ハイスピードでコーナーを曲がった場合でも、助手席に乗っている人にも安心感の高い乗り心地を提供できます。
また、内装のカラーに鮮やかさや豊かさを表現する色、「テラコッタ」を設定したモデルを追加。ボディの色にも、「プラチナクォーツメタリック」を追加し、全7カラーから選択可能です。商品改良の機会を多く設け、最新仕様の車を運転できる機会が多く持てるマツダ車。ロードスターRFはデザインのかっこよさだけではなく、安全機能も搭載されていて安心です。乗り心地もよくなるよう開発されているので、助手席に乗る方にもおすすめでしょう。

(C)Premium Group Co., Ltd.