エスクード(スズキ)の中古車

平均価格 149.8 万円(税込)
価格帯 68.0 ~ 265.2万円(税込)
10件 (1件〜10件表示)
並び替え

スズキ エスクード について

車種の特徴

スズキのESCUDO(以下エスクード)は、1988年5月に販売され30年以上の長い歴史があるSUV車です。販売当時は、SUVという概念が日本では定着しておらず、クロカン(クロスカントリーの略称)モデルとして登場。当時のクロカン車といえば、排気量の多い車種がほとんどで、小型で街乗りにも向いているエスクードは、目新しく大ヒットモデルとなりました。
エスクードは、スズキ独自の新世代四輪制御システムの「ALLGRIP」を搭載し、走行安定性と優れた走破性でドライバーに安心感と走りの楽しさを提供してくれます。ALLGRIPには、ドライバーの意思で選べる4つのドライビングモードも設定されており、運転の快適性が高められます。
インテリアの魅力は、ゆとりある室内空間です。頭上に十分な広さがあるのはもちろんのこと、後部座席では足を延ばして座れます。広い室内空間を実現しながら、ラゲッジスペースの積載性が十分確保されており、自由度が高いのも嬉しいポイントです。5名乗車時でも289Lの荷室容量を確保しています。また、分割可倒式リアシートのため荷物の大きさや利用シーンに合わせて自由自在に室内アレンジが可能です。エクステリアは、発売当初のラダーフレーム構造を採用した歴代モデルの伝統スタイルを継承したデザインで、タフさを感じさせます。ボディカラーは、2トーンルーフを含んだ6カラー展開です。
一通りの快適装備も完備。高精細マルチインフォメーションディスプレイは、ALLGRIPのモード表示などをグラフィカルに表示することで運転操作を視覚化し、正確な情報をリアルタイムで伝えてくれます。ほかにも、運転席と助手席のシートヒーター、ハンドルの位置の微調整ができるチルト&テレスコピックステアリングも装備され、家族で共有しやすい設計です。
安全装備も先進的かつ、充実した内容です。衝突を回避する「デュアルセンサーブレーキサポート」や、車間距離を確保し自動追従してくれる「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」、車線変更時の安全サポートしてくれる「ブラインドスポットモニター」など豊富な安全装備が採用されています。
エスクードは、現行モデルに至るまで3回のフルモデルチェンジを行なってきました。初代は、「エスクード コンバーチブル」「エスクード ハードトップ」という2つの設定でスタート。1997年に2代目が登場し、「エスクード3ドア」「エスクード5ドア」設定となり、車内シートがフルフラット構造に変更され、利便性が向上しています。2005年には、8年ぶりにフルモデルチェンジされ3代目が誕生。先代は、本格的なオフロード設定でしたが、3代目は街乗りも意識したオンロード仕様に変更されています。また、サーフブランドのO’NEILL(オニール)やスポーツブランドのサロモンなど他社とのコラボ特別仕様車が販売された世代でもあります。2015年には4代目が誕生し、安全性能の強化に加え、より強く街乗りを意識したクロスオーバーSUVになりました。
※記載の文章は2022年7月時点の情報です。

車名の由来

スペインの昔の通貨単位「エスクード」に由来しており、金貨のイメージと大航海時代の男のロマンや冒険心の雰囲気を重ね合わせてイメージされています。

最新モデル概要、その魅力は?

2022年4月、4代目エスクードに新しくストロングハイブリッドシステムが搭載されたモデルが発売されました。今回搭載されているハイブリッドシステムは、リチウムイオンバッテリー容量やシステム電圧、トルクの変更、モーターの最大出力によりEV走行の可能時間や速度の範囲が拡大されたものが採用されています。
ハイブリッド搭載モデル発売に伴い、ヘッドランプやアルミホイールなどのエクステリアが変更。インテリアに、ハイブリッド関連の情報を表示できるマルチインフォメーションディスプレイを追加しています。