【3億円】幻の復活ランボルギーニ カウンタック LPI 800-4と対面!驚愕の詳細スペック全掲載!

クルマを選ぶ ニューモデル速報

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンが2022年6月21日に、『ランボルギーニ カウンタック LPI 800-4』の国内披露会を開催しました。この会では、元祖カウンタック LP400 も併せて披露。たっぷりの画像と詳細スペックをお届けします。

正確にはカウンタックではなく「クンタッチ」

まずは、お断りから。タイトルとリード文では「カウンタック」と表記しておりましたが、アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンをはじめ、正しい日本語表記・発音は「クンタッチ」となります。

イタリア語表記では「Countach」で、カウンタックと表記・発音するのが一般的ですので、本記事では「カウンタック」で表記を統一します。

ランボルギーニの命名規則では例外

カウンタック=Countach の由来は、驚きと感嘆を意味するイタリア・ピエモンテ地方の方言「Coon – tach(クンタッチ)」、日本語に訳すなら「ワォ!」とのことです。初代カウンタック LP400を開発中、スタッフが発した言葉からきているようです。

ランボルギーニの車名は、イタリアの伝統競技、闘牛に関連するものばかりです。カウンタックは数少ない、例外的な車名となっています。

LPI 800-4

LP400

【ヤバい技術】スーパーキャパシタ・ハイブリッドシステム

ランボルギーニではシアンに初採用した、スーパーキャパシタを用いた先進的なハイブリッドシステムを、カウンタック LPI 800-4 にも搭載。

LPI 800-4

スーパーキャパシタとは、一般的なハイブリッドシステム用バッテリーとは異なり、大きな静電容量を持つコンデンサのことをいいます。一般的なバッテリーでは、充電・蓄電された電気を取り出してモーターを駆動しますが、スーパーキャパシタでは、充電・蓄電・放電のサイクルを瞬間的に行うことができ、且つ長寿命といった特徴があります(しかし、めちゃくちゃ高価です)。

ハイパフォーマンス・ハイブリッドシステムでは、いかに電気を素早く充電し、電気をモーターに供給するかが大きな課題となります。スーパーキャパシタはその最適解となるシステムです。

このほか、「水平ダンパー&スプリング付きプッシュロッド式フロント/リア磁性流体アクティブサスペンション」というヤバい足回り、ドライブモードで3種のサーボトロニック特性で制御する、ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)&リア・ホイール・ステアリング(RWS)などなど、ヤバい技術がてんこもりです。詳しくは記事末尾のスペック詳細一覧をご覧ください。

LPI 800-4

LP400

【ヤバいデザイン】初代カウンタックのデザインを現代版によみがえらせた!

1974年にデビューした、カウンタック LP400 は、当時のスーパーカーブームにおけるアイコン的存在でした。その象徴的デザインは、大きく上方に開くシザードア。復活したカウンタック LPI 800-4 にもしっかりと引き継がれています。

LPI 800-4

LP400

このほか、六角形のホイールアーチ、フロントマスク、ボディサイドのエアインテークなど、初代カウンタックの特徴を受け継いでいます。

LPI 800-4

LP400

ランボルギーニは、2代目カウンタックも、見る人に「ワォ!(クンタッチ!)」と言ってもらえることを目指してデザインしたと言っています。

【ヤバい価格】約3億円!限定112台。すでに完売

カウンタック LPI 800-4 は世界限定112台。初代カウンタックのデビュー50周年を記念して制作されたモデルです。そのお値段。200万ユーロ。為替変動がありますが、約3億円という価格となります。

日本には約10台ぐらいが販売されたようで、この披露会ではそのうちの1台が展示されました(展示車両は広報車やプロトタイプではなく、オーナーから借りてきたもの)。

カウンタック LPI 800-4を購入する人のほとんどは、初代カウンタックの所有者で、さらにそのほとんどが所有する初代カウンタックと同じボディカラーをオーダーしたそうです。2世代のカウンタックを広い庭に並べて、ワイングラスを片手に鑑賞する、といったクルマの愛で方で堪能されるのでしょうか…

筆者もその気になれば、ランボルギーニの広報車を借りて乗ることができますが、カウンタック LPI 800-4の広報車はなく乗ることができません。カウンタック2世代の乗り味を比べられる人は、特権ですね。うらやましい…

LPI 800-4

詳細スペック一覧

※2021年8月13日のプレスリリース時点の情報

内燃機関

エンジン 60° V型12気筒 MPI
排気量 6,498cc
ボア×ストローク 95mm × 76.4mm
バルブ数 4/シリンダー
バルブギア 電子制御式可変バルブタイミング
圧縮比 11.8 ±0.2
最高出力 780hp(574kW)/8,500rpm
最大トルク 720N・m/6,750rpm
最高エンジン回転数 8,700rpm
エミッションクラス EURO 6・LEV 3
排ガス制御システム ラムダセンサー付き触媒コンバータ
冷却システム 可変エア・インレット付き&油冷式クロスフロー冷却システム
エンジンマネジメントシステム イオン電流解析機能付きランボルギーニ・イニエツィオーネ・エレットロニカ(LIE)
潤滑システム ドライサンプ

電動ユニット

スーパーキャパシタ電圧 48V
スーパーキャパシタ出力密度 2,400W/kg
最大動作電流 600A
最高出力 34hp
最大トルク 35N・m
電動モーター+スーパーキャパシタ重量 34kg

ドライブトレイン

駆動方式 4WD(Haldex Gen. IV)
トランスミッション 7速ISR・AMT
電動モーター駆動輪 リア
1速ギア比 3.909
2速ギア比 2.438
3速ギア比 1.810
4速ギア比 1.458
5速ギア比 1.185
6速ギア比 0.967
7速ギア比 0.844
後退ギア比 2.929
ファイナルギア(リア) 2.867
ファイナルギア(フロント) 3.273
クラッチ ドライダブルブレードクラッチ(径235mm)

パフォーマンス

最高速度 355km/h
0-100km/h加速 2.8秒
0-200km/h加速 8.6秒
100-0km/h制動距離 30m

ボディサイズ・重量

全長 4,870mm
全幅(サイドミラー除く) 2,099mm
全幅(サイドミラー含む) 2,265mm
全高 1,139mm
ホイールベース 2,700mm
トレッド(フロント) 1,784mm
トレッド(リア) 1,709mm
最低地上高 115±2mm(リフト時フロント 155mm)
乾燥重量 1,595kg
総重量 2,100kg
重量配分(フロント:リア) 43:57

容量

燃料タンク 70L
エンジンオイル 13L
エンジン冷却液 25L
トランク 63L
燃費(NEDCサイクル) 認証待ち
Co2排出量 認証待ち

シャシー・ボディ

シャシー カーボンファイバー製モノコック構造、アルミニウム製フロント/リアフレーム
ボディ カーボンファイバー製(エクステリア・インテリアトリム(リアパネル、ドアパネル、トンネル、ラゲージコンパートメント)
サスペンションタイプ 水平ダンパー&スプリング付きプッシュロッド式フロント/リア磁性流体アクティブサスペンション
サスペンション・ジオメトリー アルミニウム製ダブルウィッシュボーン式、完全独立型フロント/リアサスペンション
ESP ESC(ABS&TCS統合)特性はドライブモードにより異なる
ブレーキ アルミ製モノブロック固定キャリパー・カーボンセラミックブレーキ

フロント:径400×38mm・6ピストン、リア:径380×38mm・4ピストン

ステアリング 油圧式パワーステアリング

ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)&リア・ホイール・ステアリング(RWS):ドライブモードで3種のサーボトロニック特性で制御

ステアリングホイールレシオ 10:1〜18.1
ステアリング ロックtoロック 2.1〜2.4
ステアリング ホイール直径 358mm
タイヤ ピレリ ゼロコルサ

フロント:255/30 ZR20・リア 355/25 ZR21

ホイール フロント:9″ JX20″ H2 ET 17.2

リア:13″ JX21″H2 ET 51.7

最小回転半径 11.5m(平均値。LRS動作状況により異なる)
ミラー ヒーター付き電動調整・格納式サイドミラー
リアスポイラー 3ポジション電動リアスポイラー、総パネル張りアンダーボディ
エアバッグ 運転席・助手席・サイドエアバッグ

LPI 800-4

LP400

新旧カウンタックが揃った披露会の取材動画

(撮影・文:宇野 智)

「カープレミア」で愛車を探そう!

「カープレミア」は提携している全国の中古車販売店から自分に合ったクルマを見つけることができるサイトです。車種やメーカーだけでなく、月々の予算からも探すことができます。

「カープレミアディーラー」は厳選された優良販売店

カープレミアに掲載の中古車販売店は、東証プライム上場のプレミアグループが提携している全国の厳選された優良な販売店です。

オートローンやカーリースのファイナンスサービスの提供を始め、買った後も安心できるアフター保証も取り揃えています。支払いや維持費が心配でも、柔軟に対応してくれるので安心して車を購入できます。

「カープレミアクレジット」なら自分に合った支払いプランが選べる

「カープレミア」のオートクレジットは、新車・中古車問わず、分割払い、ボーナス併用払いや一部繰上返済などの豊富な支払いプランを用意しています。さらに故障保証に加入すれば無料で修理対応が可能です。

「故障保証」など充実したアフターサービスで安心のカーライフを

「カープレミア」は購入後のカーライフを支えるサービスも多数提供しています。例えば「カープレミアの故障保証」では最長10年間、最大約400ヵ所の自然故障を修理費0円で対応可能です。様々なプランの中から自分好みにカスタマイズできるため、余分な保証費用がかからず、必要最低限の支出で万が一に備えることができます。

また、365日24時間対応のロードサービスも利用可能で、全国9,500ヵ所の拠点からすぐに駆けつけることができます。そのほか、総合的なサポート体制を整えており、安心のカーライフをお過ごしいただけます。

カープレミアなら月々の支払額でクルマを探せる

※この記事は2022年8月現在の情報に基づいています。

関連記事

カテゴリ週間ランキング