【2022年最新版】価格帯別おすすめ国産SUV 12選

クルマを選ぶ テーマ別特集

数え切れないほどの車種数があるSUV。国内外の自動車メーカー各社がシノギを削っています。この記事では、価格帯別におすすめのSUVをピックアップ。予算からどんなSUVが買えるのかがわかります。

本記事では、軽自動車を除く国産車からおすすめモデルを選んでいます。

【200万円以下】おすすめSUV 3車種

リーズナブルでコストパフォーマンスが高いコンパクトSUVを2モデル、ミドルクラスから1モデルを選びました。

「トヨタ ライズ」使いやすい全長のベストセラーモデル

発売(現行モデル):2019年11月
ボディサイズ:全長 3,995/全幅 1,695/全高 1,620(mm)
価格:170万7,000〜232万8,000円

2021年11月には新開発1.2Lハイブリッドモデルが追加された。デビューするやいなや大ヒットを飛ばした実力派。

全長4,000mmを切るコンパクトなサイズながら、後席の空間と荷室の広さを確保した、実用的なSUVに仕上がっている。

「トヨタ ヤリスクロス」実用性の高さで人気のベストセラーモデル

発売(現行モデル):2020年8月
ボディサイズ:全長 4,180/全幅 1,765/全高 1,590(mm)
価格:179万8,000〜281万5,000円

登録車販売台数1位を連続更新中のヤリスシリーズ。ヤリスクロスが連続1位を支えている様子。売れているクルマはイイクルマ。実用性の高さが光る。

ヴィッツからヤリスにフルモデルチェンジして、スペシャリティさが強調され、後席の空間が狭くなったが、ヤリスクロスがそのネガを吸収するモデルとなる。

「トヨタ カローラクロス」スタンダードSUVのお手本

発売(現行モデル):2021年9月
ボディサイズ:全長 4,490/全幅 1,825/全高 1,620(mm)
価格:199万0,000〜319万9,000円

カローラシリーズについにSUVが加わった。冠婚葬祭に使える、スタンダードSUVのお手本。実質的に200万円台の車だが、200万円を切るプライスをつけたことに敬意を表して掲載した。

【200〜300万円】おすすめSUV3車種

200〜300万円の価格帯になると、ミドルクラスSUVが選べるようになり、選択肢が増えます。

「ホンダ ヴェゼル」新世代のデザイン、専門家からも高評価

発売(現行モデル):2021年4月
ボディサイズ:全長 4,330〜4,340/全幅 1,790/全高 1,580〜1,590(mm)
価格:227万9,200〜329万8,900円

フルモデルチェンジして見た目も中身も大きく進化。自動車評論家らの評判もいい。従来のホンダ車のイメージから脱皮したスタイルと、「e:HEV」ハイブリッドの走りは特筆すべき。快適性も向上。

「スバル フォレスター」スバルの中でもタフな北米のベストセラー

発売(現行モデル):2018年7月
ボディサイズ:全長 4,640/全幅 1,815/全高 1,715〜1,730(mm)
価格:293万7,000〜330万0,000円

2021年8月にマイナーチェンジ。四駆モデルの多いスバルの中でも悪路走破性の高さはピカイチ。北米ではベストセラーモデルだけに、ややアメリカナイズされた顔付きには賛否両論あるが実力は高い。特に、重心の低い水平対向エンジンは、背の高いミドルクラスSUVには安定した気持ちのいい走りをもたらす。

「日産 キックス」電気のチカラと先進運転支援が自慢

発売(現行モデル):2020年6月
ボディサイズ:全長 4,290/全幅 1,760/全高 1,610(mm)
価格:275万9,900〜311万4,100円

充電不要でモーターの走りが楽しめる「e-POWER」専用コンパクトSUV。広い室内と、プロパイロットをはじめとする充実の先進運転支援装備がウリ。

【300〜400万円】おすすめSUV 3車種

300万円台の価格帯になると、高級SUVのエントリーグレードも買えるようになり、さらに選択肢が増えます。

「トヨタ ハリアー」元祖・都会派SUVはもはやブランド

発売(現行モデル):2020年6月
ボディサイズ:全長 4,740/全幅 1,855/全高 1,660(mm)
価格:299万0,000〜504万0,000円

元祖高級SUV。デザイン、走り、インテリアの質感ともに高い評価。都会派SUVらしい、引き締まった乗り味。ハイブリッドの4WD「e-FOUR」モデルは、スポーツカー顔負けの走行性能を誇る。

「トヨタ RAV4」ゆったりとしたオフロード志向

発売(現行モデル):2019年4月
ボディサイズ:全長 4,600〜4,610/全幅 1,855〜1,865/全高 1,685〜1,735(mm)
価格:274万3,000〜402万9,000円

ハリアーと同じプラットフォーム、パワートレインのRAV4。しかし、乗り味はまったく異なる、ゆったりとしたオフロード志向。強力な電気モーターを搭載したPHVモデルもラインナップ。

「マツダ CX-5」進化を続ける定番モデル

発売(現行モデル):2016年12月
ボディサイズ: 全長 4,575/全幅 1,845/全高 1,690(mm)
価格:267万8,500〜407万5,500円

2021年11月にビッグマイナーチェンジ。オフロード志向の特別仕様車も追加され選択肢が広がった。定番ミドルクラスSUV。

【400〜500万円台】おすすめSUV 3車種

400〜500万円台は、高級SUVに属する価格帯となります。

「スバル レガシィ アウトバック」スバルのフラッグシップにふさわしい

発売(現行モデル):2021年10月
ボディサイズ:全長 4,870/全幅 1,875/全高 1,670〜1,675(mm)
価格:414万7,000〜429万0,000円

国内市場モデルは、レヴォーグに搭載された新開発水平対向1.8L直噴ターボのみとなる。新色も追加されて選びやすくなった。

スバルのフラッグシップモデルにふさわしい格の高さを持つSUV。

「三菱 アウトランダー」先進のPHEVと4WDで我が道をゆく

発売(現行モデル):2021年12月
ボディサイズ:全長 4,710/全幅 1,860/全高 1,740〜1,745(mm)
価格:267万8,500〜407万5,500円

フルモデルチェンジして、すべてが刷新された。PHEVも次世代型に。先代もよくできた車だったが、2代目になってもクオリティの高さは変わらず。

「トヨタ ランドクルーザープラド」高いリセールバリューと完成度

発売(現行モデル):2009年9月
ボディサイズ:全長 4,825/全幅 1,885/全高 1,835〜1,850(mm)
価格:366万6,000〜554万3,000円

次期新型のうわさが聞こえ始めているが、改良が重ねられた熟成モデル。ディーゼルモデルも選択可能。リセールバリューの高さもプラドの魅力。

SUV販売台数ランキングTop10(2021年度上半期)

順位 メーカー・車名 台数 発売 価格
1 トヨタ ヤリスクロス(ヤリス含む) 105,943 2020年8月 179万8,000〜281万5,000円
2 スズキ ハスラー 39,978 2019年12月 128万0,400〜179万0,800円
3 トヨタ ライズ 37,348 2019年11月 170万7,000〜232万8,000円
4 トヨタ ハリアー 36,129 2020年6月 299万0,000〜504万0,000円
5 ホンダ ヴェゼル 29,346 2021年4月 227万9,200〜329万8,900円
6 ダイハツ タフト 28,553 2020年6月 135万3,000〜179万8,500円
7 トヨタ RAV4 26,572 2019年4月 274万3,000〜402万9,000円
8 トヨタ ランドクルーザー/プラド 15,549 2021年8月/

2020年9月

510万0,000〜770万0,000円/

366万6,000〜554万3,000円

9 日産 キックス 14,984 2020年6月 275万9,900〜311万4,100円
10 スズキ ジムニー 14,554 2018年7月 148万5,000〜190万3,000円

※出典:自販連・全軽自協
※この記事の情報は、2021年11月時点のものです。

▼カープレミアなら月々の支払額でクルマを探せる▼
カープレミアで「SUV・クロカン」を探す

「カープレミア」で愛車を探そう!

「カープレミア」は提携している全国の中古車販売店から自分に合ったクルマを見つけることができるサイトです。車種やメーカーだけでなく、月々の予算からも探すことができます。

「カープレミアディーラー」は厳選された優良販売店

カープレミアに掲載の中古車販売店は、東証プライム上場のプレミアグループが提携している全国の厳選された優良な販売店です。

オートローンやカーリースのファイナンスサービスの提供を始め、買った後も安心できるアフター保証も取り揃えています。支払いや維持費が心配でも、柔軟に対応してくれるので安心して車を購入できます。

「カープレミアクレジット」なら自分に合った支払いプランが選べる

「カープレミア」のオートクレジットは、新車・中古車問わず、分割払い、ボーナス併用払いや一部繰上返済などの豊富な支払いプランを用意しています。さらに故障保証に加入すれば無料で修理対応が可能です。

「故障保証」など充実したアフターサービスで安心のカーライフを

「カープレミア」は購入後のカーライフを支えるサービスも多数提供しています。例えば「カープレミアの故障保証」では最長10年間、最大約400ヵ所の自然故障を修理費0円で対応可能です。様々なプランの中から自分好みにカスタマイズできるため、余分な保証費用がかからず、必要最低限の支出で万が一に備えることができます。

また、365日24時間対応のロードサービスも利用可能で、全国9,500ヵ所の拠点からすぐに駆けつけることができます。そのほか、総合的なサポート体制を整えており、安心のカーライフをお過ごしいただけます。

カープレミアなら月々の支払額でクルマを探せる

関連記事

カテゴリ週間ランキング