【燃費のいい車ランキング 2022年版】ボディタイプ別各Top3&燃費が良くなる走り方を伝授!

クルマを選ぶ テーマ別特集 クルマを賢く買う クルマの購入ノウハウ

新車購入のご参考にどうぞ!愛車の燃料代はボディブローのように家計に響きます…少しでも燃費の良いクルマに乗りたい方へ最新情報をお届けします。燃費が良くなる走り方も伝授!

【軽自動車】ランキング上位はスズキが独占

順位  車名 WLTCモード燃費
1位 スズキ アルト
マツダ キャロル(OEM)
ハイブリッド
27.7km/L
2位 スズキ アルト ラパン 24.6〜26.2km/L
2位 スズキ ワゴンR
マツダ フレア(OEM)
21.8〜25.2km/L

しばらくの間、軽自動車燃費No.1は、ダイハツ ミライース(OEM車はスバル プレオ)でした。しかし、2021年にミライースの最大のライバル、スズキ アルトがハイブリッドを搭載してフルモデルチェンジして首位に躍り出ました。上位を占めているのは、すべてスズキのハイブリッド。

▼カープレミアなら月々の支払額でクルマを探せる▼
カープレミアで「スズキの軽自動車」を探す

【コンパクトカー】トヨタ「THS-II」強し!

順位 車名 WLTCモード燃費
1位 トヨタ アクア 30.0〜34.6km/L
2位 トヨタ ヤリス ハイブリッド 30.2〜36.0km/L
3位 トヨタ カローラスポーツ
ハイブリッド
25.6〜30.0km/L

コンパクトカー部門のトップは、2021年7月にフルモデルチェンジを受けた、トヨタ アクアでした。アクアは、世界初のバイポーラ型ニッケル水素電池を搭載し、従来型のニッケル水素電池の約2倍の出力を誇っています。1〜3位はトヨタのハイブリッド「THS-II」で独占。4位には、ホンダ フィット e:HEVとなっています。

▼カープレミアなら月々の支払額でクルマを探せる▼
カープレミアで「トヨタ アクア」を探す

【ミニバン】ホンダもランクイン!

順位 車名 WLTCモード燃費
1位 トヨタ ノア/ヴォクシー
ハイブリッド
22.0〜23.4km/L
2位 トヨタ シエンタ
ハイブリッド
22.8km/L
3位 ホンダ フリード
ハイブリッド
17.0〜20.9km/L

2022年は、ミドルクラスの新型ミニバンが豊作です。トヨタ ノア/ヴォクシーにホンダ ステップワゴンが、フルモデルチェンジを受けて発売、遅れて日産 セレナもフルモデルチェンジを控えています。今のところ、トヨタが1・2フィニッシュ。

▼カープレミアなら月々の支払額でクルマを探せる▼
カープレミアで「トヨタ ノア/ヴォクシー」を探す

【SUV】もうSUVもエコなクルマになったのです!

順位 車名 WLTCモード燃費
1位 トヨタ ヤリス クロス
(ハイブリッド)
26.0〜30.8km/L
2位 ダイハツ ロッキー
トヨタ ライズ
(ハイブリッド)
28.0km/L
3位 トヨタ カローラ クロス
(ハイブリッド)
24.2〜26.2km/L

技術の進歩は素晴らしい!コンパクトSUVなら、ハッチバックのコンパクトカーに迫る燃費になりました。ダイハツの新開発ハイブリッドも健闘。ロッキーのOEMはライズです。ちなみに、上位5位までがトヨタ勢で占められ、ようやく6位にホンダ ヴェゼル e:HEVがランクインしました。

▼カープレミアなら月々の支払額でクルマを探せる▼
カープレミアで「トヨタ ライズ」を探す

【輸入車】国産車並みの低燃費を叩き出したダークホース上陸!

順位 車名 WLTCモード燃費
1位 ルノー ルーテシア
(ハイブリッド)
25.2km/L
2位 ルノー アルカナ
(ハイブリッド)
22.8km/L
3位 シトロエン C4
(ディーゼル)
22.6km/L

2022年5月に日本市場デビューしたルノー アルカナ、その1ヵ月後にデビューしたルノー ルーテシア ハイブリッドは、F1の技術を活かした独自設計の「E-TECH(イーテック)」ハイブリッドを搭載。輸入車唯一のハイブリッドとなりました。シトロエン C4と同じディーゼルターボエンジンを積む、プジョー 308、シトロエン ベルランゴ、DSオートモビル DS 3 クロスバックも、20km/Lを超える低燃費を実現しています。

▼カープレミアなら月々の支払額でクルマを探せる▼
カープレミアで「ルノー」を探す

燃費が良くなる走り方

ACCをできるだけ使う

前走車との車間距離を一定に保って追従走行する「ACC(アダプティブクルーズコントロール)」は、一般道路でもバイパスなど安全な走行を確保できれば使いましょう。メーカーは、高速道路での使用を推奨していますが、信号が少なく、歩行者への危険が少ないバイパス、自動車専用道路などでもACCを活用して速度を一定に保つと燃費が良くなります。ACCが付いていないクルマや、使えない状況では速度を一定に保つように心掛けてください。

適度にアクセルを踏んで加速るだけ使う

燃費を良くしようと、アクセルを少ししか踏まずにのんびり加速するのは、かえって燃費を悪化させる場合もあります。エンジンはある程度、回転数が上がったほうが効率は良く、パワーも出ます。特にクリーンディーゼル車の場合、1500回転以下は排ガス処理などの関係であまり燃費効率の良い回転域ではありません。適度にアクセルを踏んで、サッと加速したほうが低燃費になりますし、何よりもスムーズな交通の流れを妨げません。

トランクやラゲッジスペースを倉庫代わりにしない

トランクに荷物を入れっぱなしにしていたら、下ろしましょう。少しでも軽くしたほうが、燃費にはプラスです。「ダイエットしたら燃費が良くなりますか?」という質問が聞こえてきましたが、その答えは、ある意味正解です。数kgのレベルでは、燃費に影響があっても誤差の範囲になりますが、10kgを超えていたら燃費に影響を及ぼすと考えましょう。1日や1週間の走行では差がでませんが、10,000km走ったら数値が変わってきます。

AT車でシフト「N」にして走るのはNG!

燃料カットをもくろんで、下り坂などで「N」にシフトを入れて走行すると、トランスミッションを痛める可能性があります!また、エンジンブレーキが効かなくなるため、ブレーキに高負荷を与えてパッドの消耗を早める可能性もあります。最近のクルマはエンジンブレーキ使用時、燃料をカットする制御が入っているので、燃費に悪影響は及びません。

「カープレミア」で愛車を探そう!

「カープレミア」は提携している全国の中古車販売店から自分に合ったクルマを見つけることができるサイトです。車種やメーカーだけでなく、月々の予算からも探すことができます。

「カープレミアディーラー」は厳選された優良販売店

カープレミアに掲載の中古車販売店は、東証プライム上場のプレミアグループが提携している全国の厳選された優良な販売店です。

オートローンやカーリースのファイナンスサービスの提供を始め、買った後も安心できるアフター保証も取り揃えています。支払いや維持費が心配でも、柔軟に対応してくれるので安心して車を購入できます。

「カープレミアクレジット」なら自分に合った支払いプランが選べる

「カープレミア」のオートクレジットは、新車・中古車問わず、分割払い、ボーナス併用払いや一部繰上返済などの豊富な支払いプランを用意しています。さらに故障保証に加入すれば無料で修理対応が可能です。

「故障保証」など充実したアフターサービスで安心のカーライフを

「カープレミア」は購入後のカーライフを支えるサービスも多数提供しています。例えば「カープレミアの故障保証」では最長10年間、最大約400ヵ所の自然故障を修理費0円で対応可能です。様々なプランの中から自分好みにカスタマイズできるため、余分な保証費用がかからず、必要最低限の支出で万が一に備えることができます。

また、365日24時間対応のロードサービスも利用可能で、全国9,500ヵ所の拠点からすぐに駆けつけることができます。そのほか、総合的なサポート体制を整えており、安心のカーライフをお過ごしいただけます。

カープレミアなら月々の支払額でクルマを探せる

※この記事は2022年6月現在の情報に基づいています。

関連記事

カテゴリ週間ランキング