【新車一覧】スズキの軽自動車全種類まとめ&人気ランキング

クルマを選ぶ テーマ別特集 クルマを賢く買う クルマの購入ノウハウ

軽自動車シーンを常にリードしてきたスズキ。アルトやジムニー、ワゴンRなど革新的なモデルを次々と導入し、軽自動車のスタンダードを築き上げてきました。人気モデルも当然多く、販売台数ランキングの上位には何台もスズキ車が入るほどです。そんなスズキの軽自動車はなぜ人気があるのか、その特徴を詳しく見てみましょう。

スズキの軽自動車人気ランキング

販売台数はひとまず置いておいて、市場で今人気があるスズキの軽自動車を筆者が独断と偏見で選び、ランク付けしました。スライドドア付きのスーパーハイトワゴンが主流となる中での栄えある1位は、納期問題がなかなか解消しないあのクルマです。

【第1位】スズキ ジムニー

昨今のアウトドアブーム、そして空前のSUVブームを迎えている今、このクルマが売れない理由などありません。軽自動車では唯一の、ラダーフレーム構造を持つ本格クロカン4WDであり、悪路の走破性なら時にトヨタ ランドクルーザーやメルセデス・ベンツ Gクラスをも上回る性能を見せるほどのポテンシャルを秘めています。まさに『ソトアソビ』のためのクルマといえる、究極のアウトドアギアです。

惜しむらくは、その独特の構造により生産効率がほかの車種ほど良くないため、生産台数が簡単に増やせないことです。2018年に登場以来、納期が1年を切ったことはほぼありません。どれだけ販売チャンスを逃しているか、そしてどれだけのユーザーを待たせているのか、そろそろスズキも本腰を入れて改善を考えたほうがいいのではと思わせる珍しい存在でもあります。ちなみに中古車市場では、現行車種の中でダントツの高値で取引されており、新車の方が安く感じてしまうほどです。

【第2位】スズキ スペーシア

現行スズキ車で最も売れているクルマでもある、スペーシア。人気のスーパーハイトであり、スライドドアを備える広々ワゴンです。スズキ自慢の新型プラットフォーム「ハーテクト」を採用しているので、他社のライバルよりも軽量に仕上がっており、走りも軽快に楽しめます。ノーマルフェイスとカスタムのほかに、アウトドア感満載のスペーシアギアや、追加されたばかりのバン仕様であるスペーシアベースなどバリエーションが豊富なことも特徴です。

ホンダ N-BOXの牙城はなかなか崩せないものの、ライバルとは販売台数でいい勝負を繰り広げています。マイルドハイブリッドや全車速対応型ACC(アダプティブ クルーズコントロール)を含むADAS(先進安全運転支援システム)、フロントウィンドウ投影型のヘッドアップディスプレイなど、最新技術が満載状態なところもうれしいポイントです。

【第3位】スズキ ハスラー

軽のクロスオーバーというジャンルを確立させた立役者でもあるハスラー。2代目へと進化するに伴い、ハーテクトとマイルドハイブリッドを採用してライバルとの差を広げました。丸目ライトを踏襲しながらよりボディをスクエア化して、ワゴンRなみの室内の広さを実現しています。全車速対応のACCも備わり、安全面でも最新装備が与えられました。

ダイハツのタフトという強力なライバルが登場して以来さすがに一人勝ちではなくなってしまったものの、コミカルさを残したルックスは老若男女問わず高い人気。リアシートのスライド機構や、マイルドハイブリッドなどタフトにはないメリットが強く、ハーテクトの軽量さも走りの軽快さや燃費の良さにつながっています。ジムニーほどの本格4WDを求めていない人にとっては、最良の選択になるかもしれません。

【種類別新車一覧】スズキの軽自動車

ここからは、スズキの現行軽自動車ラインナップを紹介していきます。おもにボディの形状で分類した乗用車タイプのみを扱い、商用車は省略しています。

【スーパーハイトワゴン】スズキ スペーシア
価格:139.5〜200.6万円

月平均で7,500台以上も販売されている、国内で最も販売台数が多いスズキ車。全車マイルドハイブリッドを搭載するにもかかわらず、新プラットフォーム「ハーテクト」による軽量化技術でライバル勢よりも車重が軽く仕上げられています。NAとターボと2種のエンジンが選べますが、ボディの軽さも相まってNAでも街乗りなら加速力は十分。高速道路へ乗る機会が多いなら、よりパワーに余裕のあるターボ車がオススメです。

マイルドハイブリッド技術によりWLTCモード燃費は最高で22.2km/L。ライバルのダイハツ タントと比べれば1.2km/Lも上回っていますので、マイルドハイブリッドが有利であることは間違いないでしょう。ライバルとの比較では外装の仕様も、スペーシアはノーマル・カスタム・ギア・ベースと4種から選ぶことができることもポイントです。

【軽ワンボックス】スズキ エブリイワゴン
価格:157.0〜192.9万円

商用車のエブリイをベースにしたワンボックスタイプのワゴン。アウトドアなど道具の多い趣味のためにスペーシアよりもさらに広い室内空間を求めるのなら、このクルマ一択です。

荷室の広さと実用性の高さが特徴のクルマで、ルーフの高さも標準とハイルーフの2種類が選べるようになっています。エンジンはターボのみの3グレード展開。FRと4WDがそれぞれのグレードに用意されています。

【ハイトワゴン】スズキ ワゴンR
価格:121.8〜181.2万円

軽自動車の主流をハイトワゴンにしたパイオニア的存在のクルマが、ワゴンRです。6代目モデルは、ハーテクトとマイルドハイブリッドの採用がトピックでした。登場時に3種類から選べたフェイスは、2022年のマイナーチェンジでFZがカスタムZへと変更となるものの継続。ノーマルとカスタム、さらにスポーティなスティングレーという立ち位置へとなりました。

さらにマイナーチェンジでは、他社に比べて劣っていたADASシステムを最新版へと一新。量販グレードはハイブリッドですが、ハイトワゴンでは唯一のNAエンジン+MTという組み合わせを忘れずラインナップしているところもワゴンRらしさです。

【ハイトワゴン】スズキ ワゴンRスマイル
価格:129.7〜171.6万円

リアに両側スライドドアを持つ、新たなワゴンRとして2021年8月にデビュー。しかしその実態は、背の低いスペーシアという方が近いかもしれません。室内は高さが80mm低い以外はスペーシアとほぼ同等のスペースを確保していて、全高も100mm低くなっています。デザインは外観だけでなく内装も、スマイル専用デザインを採用。ワゴンRとの共通点は探すことが難しいほど、別のクルマとなっています。

パワーユニットにはNAエンジン+マイルドハイブリッドをメインに据え、ノンハイブリッドのNAエンジンもそろえています。ターボ車の設定はありませんが、加速力などの走行性能は十分。燃費もワゴンRに迫る25.1km/Lをマークしています。

【セダン】スズキ アルト
価格:94.4〜137.9万円

9世代続くスズキのベーシックカー。2021年12月にフルモデルチェンジし、先代から始まったハーテクトを継続採用すると同時に、マイルドハイブリッド化も果たしました。FF車のWLTCモード燃費は27.2km/Lと、軽自動車トップの数値をマーク。ADASもデュアルカメラブレーキサポートが搭載されましたが、あくまでもベーシックカーとの位置付けなのかACCは設定されていません。

先代と比べると丸みを帯びたデザインが目につきますが、リア周りをよりスクエアな形状にしたおかげもあり室内空間は拡大しています。特に後席の居住性は向上していて、頭上の空間にも余裕を持たせました。グレード構成は、ハイブリッド車とNAエンジン車がそれぞれ2グレードずつ用意され、4WDがすべてのグレードで選べるようになっています。MT車はラインナップから消え、CVT車だけとなりました。

【セダン】スズキ アルトラパン
価格:125.2〜164.7万円

主に女性をターゲットにした、アルトの派生車種がラパンです。今となってはボディもシャシーもすべて別物になってしまいましたが、デビュー当時はアルトとメカニズム系を統一していました。かわいらしい外装と、自分の部屋のように寛げる室内がアルトとの大きな違いで、すべてがオシャレに仕立てあげられていることが特徴です。

2022年の6月には、よりレトロクラシック感が強調されたラパンLCを追加。懐かしさを感じさせるフロントフェイスが与えられ、2種類のデザインから選べるようになりました。

【SUV】スズキ ジムニー
価格:155.6〜190.3万円

世界最小サイズの本格クロカン4WDで、ラダーフレーム構造を持つ唯一の存在でもあるジムニー。4代目へモデルチェンジした2018年から、一度もバックオーダーを解消できないほど世界中の支持を集める大人気モデルです。4代目は卓越したオフロード走破性はそのままに、オンロードの走行性能も向上。普段でも乗りやすいモデルに仕上がっています。

2代目を思わせるかのような角張ったデザインも人気の秘密で、ジムニーらしい無骨さをうまく表しています。室内も運転のしやすさと使い勝手を重視。水平デザインのダッシュボードや、厚いグローブをはめたままでも操作できるスイッチ類など、オフロード走行を想定した作りになっていることが特徴です。エンジンはターボのみ。4速ATと5速MTが用意されています。

【SUV】スズキ ハスラー
価格:138.7〜183.4万円

軽自動車のクロスオーバーSUVというカテゴリーを作ったパイオニアでもあるハスラー。現行の2代目もモノコックボディに4WDを組み合わせた構造は継承し、最新技術のハーテクトやマイルドハイブリッドを採用しています。初代からよりスクエアなフォルムへと進化し、室内スペースを拡大。使い勝手が向上しました。

全車マイルドハイブリッド化し、各グレードでFFと4WDが用意されています。4WDには駆動力をスリップしていないタイヤへ配分するグリップコントロールや、下り坂を一定のスピードで降りられるヒルディセントコントロールなど、本格的なシステムが備わっていることも特徴です。

スズキの軽ハイブリッド車一覧

スズキは軽自動車メーカーの中で、いち早く電動化に取り組んできました。ISG(インテグレーデッド・スターター・ジェネレーター)を使用した現行マイルドハイブリッド搭載車は8車種中5車で展開していて、燃費性能の向上に大きく貢献しています。

スズキ スペーシア

全グレードがマイルドハイブリッド搭載。エンジンはノーマルがNAのみで、カスタムとギアはNAとターボが選べます。FFと4WDはすべてのグレードで選択でき、トランスミッションは全車CVT。WLTCモードの燃費はエンジン種類や駆動方式で異なり、19.2〜22.2km/Lとなっています。

スズキ ワゴンR

3種のうちノーマルのみがNAエンジンとマイルドハイブリッド付きのNAをラインナップし、カスタムとスティングレーは全グレードがマイルドハイブリッド付きのNAもしくはターボとなります。駆動方式は全グレードでFFと4WDが選べ、トランスミッションはマイルドハイブリッドの全車がCVT。NAエンジンにはCVTと5速MTが用意されました。WLTCモード燃費は20.9〜25.2km/Lです。

スズキ ワゴンRスマイル

エンジンはNAのみでターボの設定がありません。エンジンのみとマイルドハイブリッドの両方が選べ、各グレードにFFと4WDが用意されています。トランスミッションは全車CVT。WLTCモード燃費は22.5〜25.1km/Lとなっています。

スズキ アルト

アルトの最新型ではMTが廃止され、全車CVTとなりました。パワーユニットはNAガソリンエンジンと、NA+マイルドハイブリッドの2種類が用意されます。エンジン=2、ハイブリッド=2の計4グレード展開で、それぞれFFと4WDが選択可能です。WLTCモード燃費は23.5〜27.7km/Lとなっていて、27.7km/Lは軽自動車のトップ性能でもあります。

スズキ ハスラー

全車マイルドハイブリッド化し、エンジンにはNAとターボの両方が用意されました。トランスミッションは全車CVTとなり、先代にあったMTはこの世代で姿を消しています。全4グレード展開のそれぞれでFFと4WDが選択可能。WLTCモード燃費は20.8〜25.0km/Lとなっています。

スズキのスライドドア車一覧

ハイトワゴン系、スーパーハイト系での必須条件となりつつある、リアのスライドドア化。子供がまだ小さな家庭などでは大いに役立つ装備でもあり、装着車種が徐々に増えつつあります。便利な電動開閉機構は、グレードによって未設定の場合が見られます。オプション設定もありませんのでグレードは慎重に選びましょう。

スズキ スペーシア

低床フロア設計によりステップ高が345mmと、子供でも乗り降りしやすい高さに設定されているスペーシアのリアスライドドア。電動パワースライドドアは、ノーマルのハイブリッドGにのみ設定されず他はすべて標準装備となります。

スズキ エブリイワゴン

3グレードそれぞれで電動スライドドアの装備違いがあるエブリイワゴン。ベーシックなJPターボは電動が一切つかず、半ドア防止のオートクローザー機能のみが両側に備わります。中級グレードのPZターボは左側(助手席側)のみに電動スライドドアがつき、最上級のPZターボスペシャルは両側が電動となります。

スズキ ワゴンR スマイル

スペーシア譲りの低床フロアを採用したワゴンR スマイルも、345mmのステップ高と600mmの開口部を採用。乗降性をスペーシアと同等にしています。電動パワースライドドアは、ハイブリッドXとハイブリッドSに標準装備され、ガソリン車のGには設定されていません。

▼カープレミアなら月々の支払額でクルマを探せる▼
カープレミアで「スズキの軽自動車」を探す

「カープレミア」で愛車を探そう!

「カープレミア」は提携している全国の中古車販売店から自分に合ったクルマを見つけることができるサイトです。車種やメーカーだけでなく、月々の予算からも探すことができます。

「カープレミアディーラー」は厳選された優良販売店

カープレミアに掲載の中古車販売店は、東証プライム上場のプレミアグループが提携している全国の厳選された優良な販売店です。

オートローンやカーリースのファイナンスサービスの提供を始め、買った後も安心できるアフター保証も取り揃えています。支払いや維持費が心配でも、柔軟に対応してくれるので安心して車を購入できます。

「カープレミアクレジット」なら自分に合った支払いプランが選べる

「カープレミア」のオートクレジットは、新車・中古車問わず、分割払い、ボーナス併用払いや一部繰上返済などの豊富な支払いプランを用意しています。さらに故障保証に加入すれば無料で修理対応が可能です。

「故障保証」など充実したアフターサービスで安心のカーライフを

「カープレミア」は購入後のカーライフを支えるサービスも多数提供しています。例えば「カープレミアの故障保証」では最長10年間、最大約400ヵ所の自然故障を修理費0円で対応可能です。様々なプランの中から自分好みにカスタマイズできるため、余分な保証費用がかからず、必要最低限の支出で万が一に備えることができます。

また、365日24時間対応のロードサービスも利用可能で、全国9,500ヵ所の拠点からすぐに駆けつけることができます。そのほか、総合的なサポート体制を整えており、安心のカーライフをお過ごしいただけます。

【まとめ】一歩先を進んでいるスズキの軽自動車

いつの時代も日本の軽自動車シーンをリードしてきたスズキ。ここ最近もその動向は変わらず、こと電動化に関してはマイルドハイブリッドを積極的に導入し、すでにラインナップの半分以上の車種を電動化しています。

高剛性と軽量化を同時に実現した新プラットフォーム「ハーテクト」の恩恵も大きく、ハイブリッド化で重量が増えるはずが逆に走りの軽快感をキープし、さらに燃費性能の向上も果たすという好循環。ライバルとは違う方向で、確かなリードを築いているスズキの電動化戦略から、今後も目が離せなさそうです。

カープレミアなら月々の支払額でクルマを探せる

この記事は2022年9月の情現在報に基づいています。

関連記事

カテゴリ週間ランキング