ナビ通信モジュールの故障の症状・原因・修理内容

記事監修:柴 健太郎

プレミアモビリティサービス株式会社 執行役員/一般財団法人日本技能研修機構(JATTO)理事

ナビ通信モジュールの故障とは?

ナビ通信モジュールとは、渋滞回避を反映した経路をカーナビに表示させるため、携帯電話回線を利用してリアルタイムで渋滞情報を伝えるデータ通信機器です。ナビ通信モジュールはわざわざSDカードにダウンロードすることなく地図データがデータ通信で更新できることが大きな特徴になっています。 ナビ通信モジュールに不具合があると、GPSを受信しない、モニターが映らない、テレビが映らない、バックカメラが映らない、ナビから切り替わらない、電源がオフにならない、音が出ない、ブルートゥースやUSBの接続不良などの症状が現れます。 ナビ通信モジュールはUSBメモリーのようなスティック状のパーツをしており、専用USB接続ケーブルを介してカーナビと接続します。一般的な使用状況であればクルマの寿命と同じくらい長期に渡って使用できるようです。

ナビ通信モジュールの故障の原因

本体を再起動してもナビ通信モジュールの不具合が続くようなら通信機器の不具合により、表示や読み込み不良を起こしている可能性が考えられます。

ナビ通信モジュールの故障の修理内容と費用相場

不具合を起こしたナビ通信モジュール製造メーカーに送って点検修理を依頼することになります。ナビ通信モジュールの修理は部品代と工賃を合わせて13万円以上は掛かるようです。 (山崎 龍)

費用相場 Case1

ナビ・オーディオ修理の交換パーツが「ナビ通信モジュール」の場合には、一般パーツ利用をして、平均的に49,180円の費用が掛かります。

一般パーツ利用 カープレミアパーツ利用
金額

平均:49,180 円

(37,000 円~62,810 円)

平均:39,350 円

(29,600 円~50,250 円)

交換パーツ ナビ通信モジュール

※費用相場は部品代に工賃等を含んだ最終的な金額の目安です。
※クルマの状態により最終的な金額は異なる場合があります。

※交換した部品数によってケースを分けて表示しています。

お得なカープレミアパーツを利用した修理工場を探す

修理工場を探す


この修理ができる工場を探す

※実際の点検で原因が異なると費用が発生する可能性があります。

ナビ通信モジュールの故障は重大事故の要因にも!?
技術力の高い修理工場に早めに修理を依頼しておくことで、
結果として安く済む可能性が高いです。

カープレミアガレージは東証プライム上場企業のプレミア
グループが厳しい基準で加入している安心できるお店です。

この記事の監修

柴 健太郎

プレミアモビリティサービス株式会社 執行役員
一般財団法人日本技能研修機構(JATTO)理事

オーディオ異常(TV、DVD、音声) のほかの原因はこちら

ナビ・オーディオ のほかの症状を見る

この修理ができる工場を探す

工場一覧を見る