バッテリー の故障・不具合一覧

バッテリー の故障・不具合の一覧を表示しています。該当の症状を選択して、修理方法を確認しましょう。 

※原因は症状から過去の事例を参考にしたもので、不具合の原因を断定するものではありません。
※修理内容は修理工場での作業事例を説明するもので自己修理を推奨するものではありません。

バッテリー の故障・不具合について

記事監修:柴 健太郎

プレミアモビリティサービス株式会社 執行役員
一般財団法人日本技能研修機構(JATTO)理事

POINT

  • 2〜5年でバッテリーは寿命を迎える。寿命を迎えたバッテリーはエンジンがかかりにくい、ヘッドライトが暗くなるなどの症状が現れる。
  • バッテリー上がりを起こした場合は、救援車とブースターケーブルでつなぐか、充電器で充電する
  • 自力でエンジンの再始動ができない場合はJAFや整備工場に救援を依頼する
  • 走行中にバッテリー警告灯が点灯した場合はオルタネーターやVベルト、バッテリーに以上が発生した可能性が考えられる。その場合は安全な場所にクルマを停めてプロの判断を仰ぐ
  • バッテリー交換をDIYで行う場合はメモリーバックアップが必要になる。作業に自信がない人はディーラーや整備工場に交換作業を依頼する

最も多い不具合の原因はバッテリーの寿命。購入から2〜5年で新品交換をおすすめ

バッテリーに不具合が発生すると、バッテリーの警告灯が点灯することがあります。
バッテリーの不具合の原因のほとんどはバッテリーの寿命ですが、充電系の異常によりバッテリーの電圧が低下することによる不具合もあります。

よくある症状は、セルモーターの回りが弱くなる・エンジンがかかりにくくなる・ヘッドライトが暗くなる・パワーウィンドウの開閉スピードが遅くなる・アイドリングストップが機能しなくなる、などがあります。バッテリーの電圧は、一般的な乗用車が12V、ディーゼルエンジンの一部の商用車やオフロード車で24V、欧州車に多いマイルドハイブリッドの一部に48Vが採用されています。

バッテリーは、使っているうちに、内部の金属部品や薬剤が徐々に劣化していき、標準2〜3年で寿命を迎えます。

バッテリーのイメージ

バッテリー上がりはブースターケーブルや充電器があれば再始動。走行中にバッテリー警告灯が点灯した場合は要注意

ヘッドライトや室内灯の消し忘れによる、バッテリー上がりも多いクルマのトラブルです。バッテリーが上がってしまったときは、近くに救援してくれる車がいれば、ブースターケーブル(ジャンプケーブル)を使ってエンジンの再始動を試みることができます。近くに救援車がいない場合は、JAFや加入している自動車保険などのロードサービスを呼びましょう。

また、自宅の駐車場などでバッテリーが上がってしまったときは、市販のバッテリー充電器を使ってしばらく充電してからエンジンを掛け、その後バッテリーに電気を十分に蓄えるためにドライブをすることで解決できます。しかし、それでもすぐにバッテリーが上がってしまうときは、バッテリーが寿命を迎えた可能性大です。

走行中にバッテリー警告灯が点灯した場合は、エアコンやオーディオなどの電装アクセサリーのスイッチを切り、安全な場所にクルマを止めてください。しばらくしても警告灯が消灯しない場合や、何らかの異常を感じたときは、、JAFやロードサービス、整備工場に連絡しましょう。

警告灯が点灯する原因には、オルタネーターやVベルト、あるいはバッテリー本体に不具合が発生した可能性が考えられます。

バッテリー交換はDIYでも作業できるが、現代のクルマはメモリーバックアップを忘れずに!

寿命を迎えたバッテリーは、車種ごとに設定されたバッテリーを購入し、交換となりますが、最近のクルマでは、バッテリーを取り外したときに、ECUなどのコンピューターが初期状態になってしまうため、メモリーバックアップなどの作業を行う必要があります。安易に交換しないように注意してください。

バッテリー交換費用の相場は、クルマによって大きな差がありますが、工賃込みで2万〜7万円程度となっています。

この記事の監修

柴 健太郎

プレミアモビリティサービス株式会社 執行役員
一般財団法人日本技能研修機構(JATTO)理事

(C)Premium Group Co., Ltd.